徳島県の伝統工芸品一覧

Sponsored

四国の東側に位置し、県面積の8割を森林が占めるという自然豊かな徳島県。
今回はそんな徳島県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

Sponsored

徳島県の伝統工芸品

徳島県の国指定伝統的工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

阿波正藍しじら織

徳島県徳島市で生産される伝統的工芸品、阿波正藍しじら織(または阿波しじら織)。
阿波藍の色味と独特のシボの肌触りで、特に夏に人気がある綿織物となっています。

1978年には経済産業省指定伝統的工芸品に指定されています。

[起源]
寛政年間に作られていた「たたえ織」という木綿縞が起源です。
現在の形になったのは明治初期の頃、海部ハナが戸外に干していた木綿縞が突然の雨によって濡れてしまい、それを晴れ間で干してから取り入れたところ、ところどころ生地にシボが出来ていました。
シボになっていた部分は、ハナが糸の本数を間違えて織り上げていた箇所で、この経験を元に改良して現在の形の阿波しじら織りになりました。

[特徴]
シボのおかげでさらりと肌触りがよく、べたつくことがありません。
綿素材であることから吸湿性にも富み、軽くて清涼感を味わえる夏の着物として最適です。

産地情報

名称 阿波しじら織協同組合
住所 〒779-3122
徳島県徳島市国府町府中字宮ノ西679-2

大谷焼

徳島県鳴門市で主に生産される伝統的工芸品、大谷焼(おおたにやき)。

大谷焼は18世紀、豊後からやってきた職人の文右衛門という人物が赤土を用いて焼き始めたのが起源とされています。
その後は藩主の蜂須賀治昭公が九州の職人を呼び寄せ、上記とは別で窯を開き、磁器も生産されるようになりましたが、原材料の取り寄せに費用がかかり3年ほどで廃窯してしまいます。

その後、藩の藍商人が自分の弟に信楽焼の技術を学ばせ、登り窯を築きます。
こうして水かめや藍染に用いるかめの生産を開始し、現在の大谷焼の起源となりました。

現在は6件の窯元が大谷焼の生産を行っています。

[特徴]
大谷焼は、巨大な水かめなどを作る際、寝ろくろという独自の技法を用います。
一人が地面に寝ながら足でろくろを回し、もう一人が上で形を作っていきます。
原料の陶土には鉄分が多く含まれ、独特の光沢を持ちます。

産地情報

名称 大谷焼陶業協会
住所 〒779-0302
徳島県鳴門市大麻町大谷字西台3番地
大麻町商工会内

阿波和紙

徳島県吉野川市、三好市、那賀郡那賀町で主に生産される伝統的工芸品、阿波和紙(あわわし)。
徳島県のもう一つの特産品、藍染を用いた和紙作りも行われています。

阿波和紙は8世紀ころ、阿波忌部氏(あわいんべし)という人物によって生産が開始されたといわれています。

[特徴]
阿波和紙は非常に丈夫な特性を持ち、水にも強いです。
常に新しい製品作りに取り組み、特に藍染紙は人気となっています。

産地情報

名称 阿波手漉和紙商工業協同組合
住所 〒779-3401
徳島県吉野川市山川町川東141
阿波和紙伝統産業会館内

その他の伝統工芸品

経産大臣指定の伝統的工芸品以外も含めると、徳島県には下記の伝統工芸品もあります。

阿波正藍しじら織、阿波正藍染法、徳島足袋、大谷焼、阿波粘土瓦、徳島唐木仏壇、阿波和紙、阿波奴凧、阿波木偶人形、美馬の和傘

徳島県の伝統工芸品動画


Youtube上の「伝統工芸 青山スクエア」チャンネルでは、大谷焼など様々な伝統工芸品を紹介する動画を公開しています。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は徳島県の伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
日本の伝統工芸品まとめ

タイトルとURLをコピーしました