「酉の市」は歴史ある日本の文化~「酉の市」の始まり、「熊手」が売られる理由とは

酉の市
東京浅草の鷲神社、大阪堺市の大鳥神社、そして酉の寺という別名も持つ長國寺など、主に鳥にちなんだ神社や寺で開催される祭り「酉の市」。
毎年11月の「酉の日」に行われます。

ちなみに2017年の酉の日は、

11月 6日(月)一の酉
11月18日(土)二の酉
11月30日(木)三の酉

です。

酉の市ではおかめの面や小判、招き猫や鯛など縁起の良い物を飾り付けた縁起熊手が売られることでも有名です。
今回はそんな「酉の市」についてご紹介します。

【目次】
1.「酉の市」の由来
2.「酉の市」と「熊手」の関係
3.熊手以外の縁起物
4.「酉の市」は歴史ある日本の文化

1.「酉の市」の由来

「酉の市」の説
酉の市で有名な東京浅草の「鷲神社」。
酉の市の発祥には諸説ありますがこの鷲神社の社伝によると

「天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で舞われた折、弦という楽器を司った神様がおられ、天手力男命(あめのたじからおのみこと)が天之岩戸をお開きになった時、その弦の先に鷲がとまったので、神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称されるようになりました。天日鷲命は諸国の土地を開き、開運、殖産、商売繁盛に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされました。」

とあり、ここが鷲神社と呼ばれる由縁が分かるようになっています。
酉の市の起源としては「日本武尊(ヤマトタケル)が東夷征討の際、社に立ち寄られ戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。
その日が十一月の酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭、「酉の市」です。
この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となりました。」とあります。

一方で仏教の説では、浅草にある鷲在山長國寺が「酉の市」発祥の寺として知られています。

「鎌倉時代日蓮大聖人が上総国鷲巣の小早川家に滞在していた折、国家平穏を祈っていたところ、にわかに明星(金星)が動き出し不思議な力をもってして現れ出でたと伝わるのが鷲妙見大菩薩です。それは11月酉の日のことでした。七曜の冠を戴き、宝剣をかざして鷲の背に立つ姿から「鷲大明神」とか「おとりさま」と呼ばれ、開運招福の守り本尊として親しまれています。」

と記されています。
この鷲妙見大菩薩が長國寺に安置され、11月の酉の日に開帳されるようになったのが「酉の市」の始まりと言われています。

地元の収穫祭から盛大なお祭りへ

「酉の市」は江戸時代、足立区花畑にある大鷲神社近隣に住む農家の収穫祭が始まりであったとも言われています。
境内では収穫物や農具、古着などが売られていました。当時の参詣人は神社に鶏を献納し、祭りが終わるとその鶏を浅草観音堂前に放つのが慣わしとなっていました。
この大鷲神社と千住の勝専寺、そして浅草の長國寺と鷲神社の「酉の市」がとても盛大だったそうです。
現在は鷲神社、新宿の花園神社、府中の大國魂神社が「関東三大酉の市」として知られています。

ちなみに酉の日とは…

十二支と言えば酉年、戌年などといった「年」が有名ですが、「月」や「日」そして「時刻」などにも用いられてきました。
「酉の日」も「年」と同じように、12日ごとにめぐって来ます。
その月の早い日程に酉の日が来れば3回、遅ければ2回あるということになります。

2.「酉の市」と「熊手」の関係

酉の市の熊手

熊手守り

酉の市と言えば「熊手」をイメージする人も多いでしょう。
「酉の市」を開催する神社や寺では、小さい竹の熊手に稲穂やお札を付けた「熊手守り」が授与されます。
この熊手守りは「運をかきこむ」「福を掃きこむ」という意味合いから「かっこめ」とも呼ばれ、江戸時代から伝わる酉の市には欠かせない大切な縁起物です。

縁起熊手

日本武尊が当時武具であった熊手を社前の松にかけて勝利を祝ったことが始まりとされていますが、現在では開運や商売繁盛のお守り・縁起物として売られています。
境内の縁日に、露店で鍬や鋤などの農具と一緒に熊手も売られていたことがきっかけとされ、その後おまけとしておかめなどが付いて来るようになり、現在の飾りがついた縁起熊手へと変化してきました。
「酉の市」で売られる熊手には、おかめのお面や小判、稲穂、俵、お札、宝船、招き猫、鯛など様々な縁起物や、その年の流行を取り入れた飾りなど大小様々な物があります。
熊手は鷲が獲物をわしづかみにする爪の形に似ていることから、「福や徳をわしづかみにする」という意味合いが込められているとも言われています。

3.熊手以外の縁起物

熊手のほかにも江戸時代には次のような縁起物がありました。

「唐の芋」


「唐」と「頭」を引っかけて「頭の芋」と名付け、食べると「頭(かしら)になって出世する」とされ、「芋」はいくつも連なって獲れることから子宝に恵まれると言われました。

「黄金餅」

みきさん(@wakuimikichan)がシェアした投稿


粟で作られた餅ですが「黄金餅」と名付けられたことで、食べるとお金持ちになれると言われ大変な人気がありました。
しかし現在の「酉の市」ではこれらの縁起物があまり見られなくなり、幕末の頃に登場した「切山椒」と呼ばれる餅菓子が売られています。この「切山椒」を食べると「風邪をひかない」との言い伝えがあります。

4.「酉の市」は歴史ある日本の文化

「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と松尾芭蕉の弟子其角が詠んだ「酉の市」は、この句のように新しい年を迎えるための祭りとされていました。
新しい年を迎える行事はいろいろありますが、11月に行われるこの「酉の市」はその最初の行事とも言われています。
開運や商売繁盛などのご利益があるとされる「酉の市」。福をたくさんかきこむことが出来るようにと売られる縁起熊手を選ぶのも、この「酉の市」の大きな楽しみのひとつです。
歴史ある「酉の市」は単なる年中行事ではなく、これからも長く受け継がれてほしい日本の文化と言えるでしょう。

シェアする

フォローする

関連