十六夜日記「十六夜の月」原文と現代語訳・解説・問題|中世三大紀行文

お月見
Sponsored

十六夜日記(いざよいにっき)は弘安5(1282)年頃に書かれた紀行文日記で、作者は阿仏尼です。
中世三大紀行文の1つにもなっています。
今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十六夜日記の中から「十六夜の月」について詳しく解説していきます。

Sponsored

十六夜日記「十六夜の月」の解説

十六夜日記でも有名な、「十六夜の月」について解説していきます。

十六夜日記「十六夜の月」の原文

東にて住む所は、月影の谷とぞいふなる。
浦近き山もとにて、風いと荒し。

山寺のかたはらなれば、のどかにすごくて、波の音、松の風絶えず、都のおとづれはいつしかおぼつかなきほどにしも、宇津の山にて行き合ひたりし山伏のたよりに、ことづて申したりし人の御もとより、確かなる便につけて、ありし御返り事とおぼしくて、

[旅衣涙を添へて宇津の山 しぐれぬひまもさぞしぐれけん]

また、

[ゆくりなくあくがれ出でし十六夜の 月やおくれぬ形見なるべき]

都を出でしことは神無月の十六日なりしかば、いざよふ月をおぼし忘れざりけるにや、いとやさしくあはれにて、ただこの御返り事ばかりをぞ、また聞こゆる。

[めぐりあふ末をぞ頼むゆくりなく 空にうかれし十六夜の月]

十六夜日記「十六夜の月」の現代語訳

東国で(私が)住むところは、月影の谷というそうだ。
海辺に近い山のふもとで、風がひどく荒い。

山寺のそばにあるので、閑静でもの寂しくて、波の音、松を吹く風の音が絶えず、都からの音信が早くも待ち遠しい折しも、宇津の山で行き合った山伏を頼みとして、ことづけを申し上げた方のところから、確実な便に託して、いつかの(歌への)お返事と思われ(るお手紙をいただい)て、

[あなたの旅衣は、都を思う涙を添えて、宇津の山に時雨が降らない間も、さぞ時雨にあったように濡れたことでしょう。]

また、

[思いがけずあなたがお出かけになった(あの時の)十六夜の月が、あなたに遅れずについていく都の形見でありましょうか。]

都を出たのは十月の十六日であったので、あの十六夜の月をお忘れにならなかったのだろうか、本当にけなげでしみじみと心が動かされて、ただこの歌のお返事だけを、また申し上げる。

[再開する将来を頼みにしております。思いがけず旅の空にうかれ出た、十六夜の月のような私は。]

十六夜日記「十六夜の月」の単語・語句解説

[のどかにすごくて]
閑静でもの寂しくて。

[おぼし忘れざりけるにや]
お忘れにならなかったのだろうか。

[いとやさしくあはれにて]
本当にけなげでしみじみと心が動かされて。

[ただこの御返り事ばかりをぞ、また聞こゆる]
ただこの歌のお返事だけを、また申し上げる。

*十六夜日記「十六夜の月」でテストによく出る問題

○問題:「ありし御返り事」は「駿河路」の記事のどの歌への「返り事」か。
答え:「蔦楓」の歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は十六夜日記でも有名な、「十六夜の月」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
十六夜日記「駿河路」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました