美濃焼伝統工芸品まつり2019年の開催情報|交通アクセス&駐車場

焼き物
岐阜県土岐市で開催される、美濃焼伝統工芸品まつり。
2019年は10月26日(土)と27日(日)に開催されます。
今回は美濃焼伝統工芸品まつりについてご紹介します。

関連記事:日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

美濃焼伝統工芸品まつりとは

2019年で第35回目を迎える、美濃焼伝統工芸品まつり。
岐阜県土岐市で開催され、毎年多くの焼き物ファンで賑わいます。

期間中は焼き物を特別価格で購入出来るほか、伝統工芸品の抽選頒布会や、職人によるロクロの実演・体験なども行われます。
その他にも地元の物産販売やスタンプラリーなど、楽しめる企画が盛りだくさんとなっています。

美濃焼伝統工芸品まつりへのアクセス

美濃焼伝統工芸品まつりの交通情報をご紹介します。

会場:土岐市美濃焼伝統産業会館及び陶芸村周辺
場所:岐阜県土岐市泉町久尻1429-8

電車でのアクセス

美濃焼伝統工芸品まつりへ電車で行く場合は、JR土岐市駅を目指しましょう。
JR土岐市駅からは無料シャトルバスが特別運行されます。

車でのアクセス

美濃焼伝統工芸品まつりへ車で行く場合は、東海環状道の五斗蒔スマートICを目指しましょう。
東海環状道五斗蒔スマートICからは5分程で会場に到着します。

中央自動車道の土岐ICからも約15分程で到着します。

なお、美濃焼伝統工芸品まつり期間中は道も混雑して渋滞の可能性もありますので、その点も考慮しておきましょう。

駐車場

美濃焼伝統工芸品まつりでは、会場周辺に臨時駐車場が設置されます。
そこが満車になった場合でも、少し離れた五斗蒔特設駐車場に停め、そこからシャトルバスで会場に向かう事も可能です。

満車で車を駐車出来ないという事態を避けるためにも、早めに会場に到着した方が良いと思います。

周辺おすすめスポット

せっかく美濃焼伝統工芸品まつりに行くのなら、周辺観光も楽しみたい!という方の為におすすめスポット&宿泊施設情報をご紹介します。

馬籠宿


中山道の木曽11宿のなかで1番南に位置する、馬籠宿。
中山道43番目の宿場です。

所在地:岐阜県中津川市馬籠

ぎふ清流里山公園


日本昭和村から生まれ変わった公園が、ぎふ清流里山公園です。
なんと入園料は無料。
足湯や屋内キッズスペース、カフェなどがあります。

所在地:岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1

花フェスタ記念公園


3万株ものバラが植栽された、花フェスタ記念公園。
見頃である春と秋には多くの観光客が訪れます。

所在地:岐阜県可児市瀬田1584-1

美濃焼伝統工芸品まつり周辺の宿泊施設

美濃焼伝統工芸品まつりに行くのなら、宿泊してしまうのもオススメです。
色々な観光スポットも巡れますし、美濃焼伝統工芸品まつりもゆっくり楽しむ事が出来ます。

美濃焼伝統工芸品まつり周辺の宿だと、ホテルルートイン土岐ウィークリー翔 ホテル土岐が駅にも近くてオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
岐阜県土岐市で開催される、美濃焼伝統工芸品まつり。

5月には土岐美濃焼まつりも開催されています。
是非一度行ってみて下さいね。

関連記事:日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

Sponsored Link

シェアする

関連

関連