古典

解説|もろともにあはれと思え山桜 花よりほかに知る人もなし|百人一首|大僧正行尊の66番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大僧正行尊の下記の和歌。 「もろともにあはれと思え山桜 花よりほかに知る人もなし」 今回は上記の大僧正行尊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|恨みわび干さぬ袖だにあるものを 恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ|百人一首|相模の65番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、相模の下記の和歌。 「恨みわび干さぬ袖だにあるものを 恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ」 今回は上記の相模の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木|百人一首|権中納言定頼の64番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、権中納言定頼の下記の和歌。 「朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木」 今回は上記の権中納言定頼の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

解説|今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな|百人一首|左京大夫道雅の63番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、左京大夫道雅の下記の和歌。 「今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな」 今回は上記の左京大夫道雅の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
古典

解説|夜をこめて鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ|百人一首|清少納言の62番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、清少納言の下記の和歌。 「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな」 今回は上記の清少納言の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな|百人一首|伊勢大輔の61番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、伊勢大輔の下記の和歌。 「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな」 今回は上記の伊勢大輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立|百人一首|小式部内侍の60番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、小式部内侍の下記の和歌。 「大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」 今回は上記の小式部内侍の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな|百人一首|赤染衛門の59番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、赤染衛門の下記の和歌。 「やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな」 今回は上記の赤染衛門の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする|百人一首|大弐三位の58番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大弐三位の下記の和歌。 「有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする」 今回は上記の大弐三位の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影|百人一首|紫式部の57番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、紫式部の下記の和歌。 「めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影」 今回は上記の紫式部の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...