体験

大館曲げわっぱ、丸弁当箱作り参加者募集!

今回開催するのは大館曲げわっぱの丸弁当箱作りです。 柴田慶信商店の伝統工芸士、柴田昌正(しばたよしまさ)さんに直接指導してもらいながら、お弁当箱を作り上げていきます。 大変人気のワークショップとなっておりますので、お早めのお申し...
古典

「垣間見」からみる平安時代の恋愛|昔と現在で意味が違う古典単語

「垣間見」という言葉は古典単語でもあり、現在も使われている言葉です。 現在の「垣間見る」という言葉の意味は、 ①物の隙間からのぞき見る。ちらりと見る。 ②物事の一端を知る。 の二種類です。 古典単語の「垣間見」は①と同...
伝統を繋ぐ人々

竹職人/石山好美さんインタビュー|伝統を繋ぐ人々

【プロフィール】 竹職人/石山好美さん(木更津竹工房 竹星) 千葉県出身 高校卒業後、京都伝統工芸学校で竹工芸を学ぶ。 卒業後は実際の現場で腕を磨くため京都の竹屋へ7年勤務。 竹垣を中心に竹の加工技術、京都の雅な美...
古典

十訓抄|大江山の現代語訳・解説・問題

十訓抄は鎌倉時代の説話集で、「じっきんしょう」または「じっくんしょう」と読みます。 編者はわかっていませんが、六波羅二臈左衛門入道説と菅原為長説があります。 3巻10編からなり、下記の10箇条の主題に従って約280の教訓的例話が書かれて...
体験

竹でカゴを作る!ワークショップ参加者募集

今回開催するのは竹職人の石山好美さんによる弟子入り体験です。 石山さんに直接指導してもらいながら、竹カゴを創り上げていきます。 今回の体験では使い勝手の良いサイズの竹カゴを1日で完成まで仕上げていきます。 竹ひごを用い...
伝統を繋ぐ人々

漆芸作家/伊藤ミナ子さんインタビュー|伝統を繋ぐ人々

【プロフィール】 伊藤ミナ子  日本工芸会準会員  日本文化財漆協会会員 2012年:石川県立輪島漆芸技術研修所 特別研修課程卒       <卒業制作 所長表彰>       第52回東日本伝統工芸展 初入選 ...
古典

土佐日記|門出、海賊の恐れ、忘れ貝、帰京の現代語訳・解説・問題

土佐日記は紀貫之による現存最古の和文日記で、承平五年(935年)頃に書かれました。 今回は高校古典の教科書にも出てくる土佐日記の中から「門出」「海賊の恐れ」「忘れ貝」「帰京」について詳しく解説していきます。 【目次】 門出の解...
体験

弟子入り体験第2弾は本格的な蒔絵体験!

今回開催するのは漆芸作家、伊藤ミナ子さんによる弟子入り体験です。 伊藤さんに直接指導してもらいながら、蒔絵パネルを創り上げていきます。 よくある体験では”蒔絵風”のものが多い中、この体験は本物の金粉、銀粉が使用出来る大変...
古典

伊勢物語|芥川、東下り、筒井筒、さらぬ別れの現代語訳・解説

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代初期の歌物語で、作者は不詳となっています。 それぞれが半独立した百二十五段という短い歌物語で、源氏物語などと比べて読みやすい事から庶民にも広く親しまれてきました。 主人公は在原業平ではないかという説が...
古典

宇治拾遺物語|児のそら寝と絵仏師良秀の現代語訳・意味解説|全文

宇治拾遺物語は13世紀前半頃に成立した説話集で、”うじしゅういものがたり”と読みます。 説話集とは神話や伝説、昔話などの色々な物語を集めた書籍の事で、他に今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)も有名です。 今回は高校古典の教科書に...
タイトルとURLをコピーしました