古典

わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波の解説|百人一首|藤原基俊の76番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、藤原基俊の下記の和歌。 「わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波」 今回は上記の藤原基俊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめりの解説|百人一首|藤原基俊の75番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、藤原基俊の下記の和歌。 「契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり」 今回は上記の藤原基俊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものをの解説|百人一首|源俊頼朝臣の74番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、源俊頼朝臣の下記の和歌。 「憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものを」 今回は上記の源俊頼朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむの解説|百人一首|祐子内親王家紀伊の73番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、前権中納言匡房の下記の和歌。 「高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ」 今回は上記の前権中納言匡房の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれの解説|百人一首|祐子内親王家紀伊の72番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、祐子内親王家紀伊の下記の和歌。 「音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ」 今回は上記の祐子内親王家紀伊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思いま...
古典

夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹くの解説|百人一首|大納言経信の71番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、大納言経信の下記の和歌。 「夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く」 今回は上記の大納言経信の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮の解説|百人一首|良暹法師の70番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、良暹法師の下記の和歌。 「寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮」 今回は上記の良暹法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけりの解説|百人一首|能因法師の69番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、能因法師の下記の和歌。 「嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり」 今回は上記の能因法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...
古典

心にもあらで憂き世に長らへば 恋しかるべき夜半の月かなの解説|百人一首|三条院の68番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、三条院の下記の和歌。 「心にもあらで憂き世に長らへば 恋しかるべき夜半の月かな」 今回は上記の三条院の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ|百人一首|周防内侍の67番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、周防内侍の下記の和歌。 「春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ」 今回は上記の周防内侍の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...