古典

和歌解説】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船|参議篁の百人一首11番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、参議篁の下記の和歌。 「わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船」 上記の参議篁の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

【和歌解説】これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関|蝉丸の百人一首10番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、蝉丸の下記の和歌。 「これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関」 上記の蝉丸の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第...
古典

【和歌解説】花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせし間に|小野小町の百人一首9番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、小野小町の下記の和歌。 「花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせし間に」 上記の小野小町の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

【和歌解説】わが庵は都のたつみしかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり|喜撰法師の百人一首8番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、喜撰法師の下記の和歌。 「わが庵は都のたつみしかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり」 上記の喜撰法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...
古典

【和歌解説】天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも|安倍仲麿の百人一首7番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、安倍仲麿の下記の和歌。 「天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」 上記の安倍仲麿の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

【和歌解説】鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける|中納言家持の百人一首6番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、中納言家持の下記の和歌。 「鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」 上記の中納言家持の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...
古典

【和歌解説】奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき|猿丸大夫の百人一首5番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、猿丸大夫の下記の和歌。 「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき」 上記の猿丸大夫の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第...
古典

【和歌解説】田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ|山辺赤人の百人一首4番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、山辺赤人の下記の和歌。 「田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」 上記の山辺赤人の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...
古典

【和歌解説】あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む|柿本人麻呂の百人一首3番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、柿本人麻呂の下記の和歌。 「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む」 上記の柿本人麻呂の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

【和歌解説】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山|持統天皇の百人一首2番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、持統天皇の下記の和歌。 「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山」 上記の持統天皇の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第...