古典

解説|あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな|百人一首|和泉式部の56番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、和泉式部の下記の和歌。 「あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな」 今回は上記の和泉式部の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ|百人一首|大納言公任の55番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大納言公任の下記の和歌。 「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ」 今回は上記の大納言公任の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな|百人一首|儀同三司母の54番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、儀同三司母の下記の和歌。 「忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな」 今回は上記の儀同三司母の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

解説|嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る|百人一首|右大将道綱母の53番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、右大将道綱母の下記の和歌。 「嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る」 今回は上記の右大将道綱母の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

解説|明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな|百人一首|藤原道信朝臣の52番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、藤原道信朝臣の下記の和歌。 「明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな」 今回は上記の藤原道信朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

解説|かくとだにえやは伊吹のさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを|百人一首|藤原実方朝臣の51番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、藤原実方朝臣の下記の和歌。 「かくとだにえやは伊吹のさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを」 今回は上記の藤原実方朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
古典

解説|君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな|百人一首|藤原義孝の50番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、藤原義孝の下記の和歌。 「君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな」 今回は上記の藤原義孝の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|御垣守衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつものをこそ思へ|百人一首|大中臣能宣朝臣の49番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大中臣能宣朝臣の下記の和歌。 「御垣守衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつものをこそ思へ」 今回は上記の大中臣能宣朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

解説|風をいたみ岩打つ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな|百人一首|源重之の48番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、源重之の下記の和歌。 「風をいたみ岩打つ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな」 今回は上記の源重之の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|八重むぐら茂れる宿の寂しきに 人こそ見えね秋は来にけり|百人一首|恵慶法師の47番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、恵慶法師の下記の和歌。 「八重むぐら茂れる宿の寂しきに 人こそ見えね秋は来にけり」 今回は上記の恵慶法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...