紫式部日記「日本記の御局」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

ほおずき|秋に咲く花
Sponsored

平安時代中期に書かれた、紫式部日記(むらさきしきぶにっき)。
宮中の様子が中心に描かれています。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる紫式部日記の中から「日本記の御局」について詳しく解説していきます。
(読み方は”にほんぎのみつぼね”)

Sponsored

紫式部日記「日本記の御局」の解説

紫式部日記でも有名な、「日本記の御局」について解説していきます。

紫式部日記「日本記の御局」の原文

左衛門の内侍といふ人侍り。
あやしうすずろによからず思ひけるも、え知り侍らぬ心憂きしりうごとの、多う聞こえ侍りし。
内の上の、源氏の物語、人に読ませ給ひつつ聞こしめしけるに、

「この人は、日本紀をこそ読みたるべけれ。まことに才あるべし。」

とのたまはせけるを、ふとおしはかりに、

「いみじうなむ才がる。」

と殿上人などに言ひ散らして、日本紀の御局とぞつけたりける。
いとをかしくぞ侍る。
このふるさとの女の前にてだにつつみ侍るものを、さる所(*)にて才さかし出で侍らむよ。

この式部丞といふ人の、童にて書読み侍りしとき、聞きならひつつ、かの人は遅う読み取り、忘るるところをも、あやしきまでぞさとく侍りしかば、書に心入れたる親は、

「くちをしう、男子にて持たらぬこそ、幸ひなかりけれ。」

とぞ、常に嘆かれ侍りし。
それを、

「男だに、才がりぬる人は、いかにぞや。はなやかならずのみ侍るめるよ。」

と、やうやう人の言ふも聞きとめてのち、一といふ文字をだに書きわたし侍らず、いと手づつにあさましく侍り。

紫式部日記「日本記の御局」の現代語訳

左衛門の内侍という人がいます。
奇妙にもわけもなく(私に)悪意を持っていたのだが、心当たりのない不愉快な陰口が、たくさん聞こえてきました。
帝が『源氏物語』を人に読ませなさってお聞きになっておられたときに、

「この人は、日本紀を読んでいるのだろう。本当に漢字の才があるにちがいない。」

とおっしゃったのを、(左衛門の内侍が)急に当て推量で、

「(紫式部は)ひどく学才をひけらかしている。」

と、殿上人などに言いふらして、「日本紀の御局」などと(あだ名を)つけてしまった。
とても滑稽なことです。
私の実家の待女たちの前でさえ(学才があることを見せるのは)遠慮しておりますのに、そのような所(宮中)で学才をひけらかすでしょうか。

私の(弟の)式部丞というひとが、子供だったころ、書物を読んでおりましたときに、(私は)聞き習っており、あの人(式部丞)がなかなか読み取れなかったり、忘れてしまったりするところでも、不思議なほど賢く(覚えて)おりましたので、学問に熱心であった親は、

「残念ながら(この子を)男子としてもたなかったことは、不幸なことであったなぁ。」

と、いつも嘆いておられました。
それなのに、

「男でさえ学才をひけらかすような人は、いかがであろうか。はなばなしく栄えることができないだけだろうよ。」

と、だんだん人が言うのを聞きとめるようになってから、「一」という文字さえしっかり書くこともいたしません、とても不器用で情けないあり様です。

紫式部日記「日本記の御局」の単語・語句解説

[しりうごと]
陰口。

[才がる]
学才をひけらかす。

[いとをかしくぞ侍る]
とても滑稽なことです。

[才さかし出で侍たむよ]
学才をひけらかすでしょうか。

[遅う読み取り]
なかなか読み取れない。

[さとく]
賢く。

[書に心入れたる親]
学問に熱心であった親。

[はなやかならず]
はなばなしく栄えることができない。

[書きわたし侍らず]
しっかり書くこともいたしません。

*紫式部日記「日本記の御局」でテストによく出る問題

○問題:「さる所(*)」とはどのような所か。
答え:宮中のような公の場所をさしている。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は紫式部日記でも有名な、「日本記の御局(にほんぎのみつぼね)」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
紫式部日記「秋のけはひ」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました