方丈記「行く川の流れ」原文と現代語訳・解説・問題|鴨長明の随筆

カトレアの画像|四季の美
Sponsored

方丈記(ほうじょうき)鎌倉時代初期に書かれた随筆で、作者は鴨長明です。
今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる方丈記の中から「行く川の流れ」について詳しく解説していきます。

作品全体については、下記の記事をご覧ください。

関連記事:鴨長明の方丈記|無常観とは?内容解説

Sponsored

方丈記「行く川の流れ」の解説

方丈記でも有名な、「行く川の流れ」について解説していきます。

方丈記「行く川の流れ」の原文

行く川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
淀みに浮かぶうたかたかは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

世の中にある、人と栖と、またかくのごとし。
玉敷きの都の内に、棟を並べ、甍を争へる、高き賤しき人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これ(*)をまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

あるいは、去年焼けて、今年作れり。
あるいは、大家滅びて、小家となる。

住む人もこれに同じ。
所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、僅かに一人二人なり。

朝に死に、夕べに生まるる慣らひ、ただ水の泡にぞ似たりける。
知らず、生まれ死ぬる人、いづ方より来りて、いづ方へか去る。

また知らず、仮の宿り、誰がためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。
その、主と栖と、無常を争ふさま、言はば、朝霧の露に異ならず。

あるいは、露落ちて、花残れり。
残るといへども、朝日に枯れぬ。

あるいは、花しぼみて、露なほ消えず。
消えずといへども、夕べを待つことなし。

方丈記「行く川の流れ」の現代語訳

流れていく川の流れは絶えることがなくて、それでいて、(その水は刻々移り)もとの水ではない。
流れの淀んでいるところに浮かぶ水の泡は、一方で消えたかと思うと、一方ではまたできて、いつまでもそのままの状態で存在していることはない。

このように生まれてきている人と住まいも、また、同じようなものである。
玉を敷きつめたように美しい都の中に、棟を並べ、屋根の高さを競っている(ように並んでいる)身分の高い、また低い人々の住まいは、幾世代を経てもなくならないものであるが、これらの家々が本当に昔のままで残っているのかと調べてみると、昔あったままの家は珍しい。

ある場合は、去年火事で焼けて、今年新しく作っている。
ある場合は、大きな家が滅んで、小さな家となっている。

(家だけでなく、そこに)住んでいる人もこれと同じである。
場所も変わらず、人も大勢いるが、(よく見ると)昔見知った人は、二、三十人の中で、わずかに一人二人である。

朝に死ぬ人があるかと思うと、夕方に生まれる人があるという人の世のならわしは、全く水の泡に似ていることである。
(私には)わからない、生まれる人死ぬ人は(いったい)誰のために苦心して(建て)、何のために(飾り立てて)目を喜ばせようとするのか。

その、家の住人と住まいとが、どちらが先に滅びるかを競っている(かのようにどちらも滅び去っていく)様子は、例えて言えば、朝顔(の花)と、その上に置く露との関係に同じである。

ある場合は、露が落ちて、花が残っている場合もある。
(しかし、)残っているといっても、朝日にあたると枯れしぼんでしまう。

ある場合は、花が先にしぼんで、露はまだ消えないでいる場合もある。
(しかし、)消えないでいるといっても、夕方まで消えずにいることはない。

方丈記「行く川の流れ」の単語・語句解説

[うたかた]
水の泡。

[かつ消え、かつ結びて]
一方では(泡が)消え、また一方では新しく泡ができて。

[ためし]
「例」と書く。

[高き賤しき人の住まひ]
(身分の)高い人の住まい、(身分の)低い人の住まい、の意。

[尽きぬものなれど]
尽きないものではあるけども。

[昔ありし家]
昔あった家。

[いにしへ見し人]
昔から知っている人。

[仮の宿り]
仏教思想の三世(前世・現世・後世)のうち、現世は後世のための仮の世にすぎないという考え方からきている表現。

[目を喜ばしむる]
目を喜ばせようとするのか。

*方丈記「行く川の流れ」でテストによく出る問題

○問題:「これ(*)」とは何を指しているか。
答え:「人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれ」ということを指す。=人々の住居が無くならずに昔のまま存在していること。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は方丈記でも有名な、「行く川の流れ」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
方丈記「養和の飢饉」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました