古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」原文と現代語訳・解説・問題

フジバカマ
Sponsored

古今著聞集(ここんちょもんじゅう)は1254年に成立した世俗説話集で、作者は橘成季です。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる古今著聞集の中から「小式部内侍が大江山の歌の事(こしきぶのないしがおおえやまのうたのこと)」について詳しく解説していきます。

Sponsored

古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」の解説

古今著聞集でも有名な、「小式部内侍が大江山の歌の事」について解説していきます。

古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」の原文

和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、定頼中納言、たはぶれに小式部内侍に、

「丹後へつかはしける人は参りにたりや。」

と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣(のうし)の袖をひかへて、

[大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天の橋立]

とよみかけけり。
思はずにあさましくて、

「こはいかに。」

とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて、逃げられにけり。
小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。

古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」の現代語訳

和泉式部が、(藤原)保昌の妻として丹後に下ったころに、京で歌合わせがあったときに、(娘の)小式部内侍が、歌合のよみ手として選ばれて、歌をよんだところ、定頼の中納言が、ふざけて小式部内侍に、

「丹後へ使いにやった人は、帰って参りましたか。」

と(局の中に)声をかけて局の前をお過ぎになったのを、小式部内侍は、御簾から半分身を乗り出して、(定頼の中納言の)直衣の袖を引き止めて、

[大江山から生野を通って行く道は(都からは)遠いので、(丹後の)天橋立はまだ踏んでみたこともなく、(母からの)手紙も見ていません。]

とよみかけた。
(中納言は)思いがけずに驚いて、

「これはどうしたことか。」

とだけ言って、返歌をよむこともできず、袖を引き離してお逃げになった。
小式部は、このときから歌人としての世の評判が立つようになったのである。

古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」の単語・語句解説

[歌合(うたあわせ)]
歌の優劣を競う文学的な遊戯のこと。

[たはぶれ]
ふざけること。

[参りにたりや]
もどったのか。

[局(つぼね]
女官や女房にあてられた部屋。

[ひかへて]
引き止めて。

[あさましくて]
驚いて。

[逃げられにけり]
お逃げになった。

*古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」でテストによく出る問題

○問題:「大江山」の歌の掛詞を挙げよ。
答え:「いくの」→「行く」と「生野」
「ふみもみず」→「踏みもみず」と「文も見ず」

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は古今著聞集でも有名な、「小式部内侍が大江山の歌の事」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
古今著聞集「小大進、歌に依りて北野の神助を被る事」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました