近代文学

近代文学

宮沢賢治の生涯と作品|独創的な詩人

宮沢賢治: おれはひとりの修羅なのだ (日本のこころ) 「銀河鉄道の夜」など、数々の名作文学を残した宮沢賢治。 「雨ニモマケズ」といった詩や児童文学の創作にも力を入れていました。 今回はそんな宮沢賢治の生涯と作品につい...
近代文学

井伏鱒二の生涯と作品年表|ユーモアとペーソスの作家

井伏鱒二 (新潮日本文学アルバム) 「山椒魚」や「屋根の上のサワン」など数々の名作文学を残した作家、井伏鱒二。 今回は井伏鱒二の生涯と作品についてご紹介します。 【目次】 井伏鱒二の誕生 学生生活と失恋 文学...
近代文学

三島由紀夫の生涯と作品年表|憂国の作家

三島由紀夫 100の言葉 昭和と共に生き、昭和を代表する作家である三島由紀夫。 「金閣寺」や「仮面の告白」など数々の名作を残しました。 今回は三島由紀夫の生涯と作品についてご紹介します。 【目次】 三島由紀...
近代文学

近代文学作品年表|日本の文学

明治から昭和にかけて、日本には様々な文学作品が生まれました。 今回はそんな近代文学の主な作品を年表にまとめて一覧でご紹介します。 作家、文豪人物年表 川端康成、谷崎潤一郎、泉鏡花、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、井伏鱒二...
近代文学

作家、文豪人物年表|日本文学

言葉に霊力が宿る”言霊(ことだま)”という言葉もあるほど、日本は言葉を大事にしてきました。 そんな日本には数多くの文学作品が残されており、世界で最初の長編小説も紫式部の「源氏物語」です。 そこで今回は、日本の主な作家・文豪を...
近代文学

川端康成の生涯と代表作|作品年表、ノーベル文学賞受賞講演「美しい日本の私」全文も

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。 あまりにも有名な上記の文は、川端康成の小説「雪国」の冒頭の一節です。 日本ペンクラブの会長を努め、日本だけでなく世界的にも活躍し、ノーベル文学賞を受賞した川端康成。...