奥の細道「那須野」原文と現代語訳・解説・問題|元禄時代の紀行文

すすき
Sponsored

おくのほそ道といえば数々の有名な俳句を残した松尾芭蕉の俳諧文学として知られています。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる奥の細道の中から「那須野(なすの)」について詳しく解説していきます。

Sponsored

奥の細道「那須野」の解説

奥の細道でも有名な、「那須野」について解説していきます。

奥の細道「那須野」の原文

那須の黒羽といふ所に知る人あれば、これより野越にかかりて、直道を行かんとす。
はるかに一村を見かけて行くに、雨降り日暮るる。
農夫の家に一夜を借りて、明くればまた野中を行く。
そこに野飼ひの馬あり。
草刈る男に嘆き寄れば、野夫といへどもさすがに情け知らぬにはあらず。

「いかがすべきや。されどもこの野は縦横に分かれて、うひうひしき旅人の道踏み違へん。あやしう(*)侍れば、この馬のとどまる所にて馬を返し給へ。」

と、貸しはべりぬ。
小さき者二人、馬の跡慕ひて走る。
一人は小姫にて、名を「かさね」といふ。
聞き慣れぬ名のやさしかりければ、

かさねとは八重撫子の名なるべし

曾良

やがて人里に至れば、価を鞍壺に結びつけて馬を返しぬ。

奥の細道「那須野」の現代語訳

那須の黒羽という所に知人がいるので、ここから那須野越えにかかって、まっすぐな近道を行くことにする。
はるか向こうの村を目当てにして行くうちに、雨が降り出し日も暮れた。

農夫の家に一晩家を借りて、夜が明けるとまた野中を行く。
そこに野原で放し飼いにしている馬がいた。
草を刈っている男に近寄って(その馬を貸してくれるように)嘆願すると、田舎の人とはいってもやはり人情を知らない訳ではない。

「どうしたものかなぁ。けれどもこの野は(道が)あちこちに分かれていて、慣れていない旅人は道に迷ってしまうでしょう。
心配ですから、この馬の止まる所(まで行き、そこ)で馬を返してください。」

と、貸してくれました。
小さな子どもが二人、馬のあとについて走ってくる。
一人は小さな女の子で、名を(聞くと)「かさね」という。
聞き慣れない名前で、優雅に感じられたので、

「かさね」とは、花びらを重ねた八重撫子のような可憐な少女にとつけられた名前なのだろう。

曾良

そのうち人里にたどり着いたので、(馬を貸してくれた)代価を鞍壺に結びつけて馬を返した。

奥の細道「那須野」の単語・語句解説

[野越え]
街道を外れ、野原を横切って行くこと。

[行くに]
行くうちに。

[嘆き寄れば]
近寄って嘆願すると。

[いかがすべきや]
どうしたらよいのだろう。

[うひうひしき旅人]
この土地に慣れていない旅人。

[やさしかりければ]
優美に感じられたので。

*「那須野」でテストによく出る問題

○問題:「あやしう(*)」とはここではどういう意味か。
答え:心配だ、心もとない、という意味。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は奥の細道でも有名な、「那須野(なすの)」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
松尾芭蕉の人生と俳句
おくのほそ道「立石寺」
おくのほそ道「平泉」
おくのほそ道「旅立ち」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました