工芸

東京無地染とは|東京都の伝統的工芸品

東京無地染(とうきょうむじぞめ)は東京都の新宿区、中野区、杉並区等で生産される伝統工芸品です。 2017年には国の伝統的工芸品にも指定されました。 今回はそんな東京無地染についてご紹介します。 【目次】 東京無地染とは ...
古典

無名草子「紫式部」原文と現代語訳・解説・問題|批評文学

1196年(建久7年)~1202年(建仁2年)頃に書かれた、無名草子(むみょうぞうし)。 作者はわかっていませんが、藤原俊成女説が有力といわれています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる無名草子の中から「紫式部」について詳し...
古典

無名草子「清少納言」原文と現代語訳・解説・問題|物語評論

無名草子(むみょうぞうし)は1196年(建久7年)~1202年(建仁2年)頃に書かれた物語評論で、作者は未詳となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる無名草子の中から「清少納言(せいしょうなごん)」について詳しく解説し...
Sponsored
古典

俊頼髄脳「鷹狩りの歌」原文と現代語訳・解説・問題|源俊頼の歌学書

俊頼髄脳(としよりずいのう)は源俊頼(みなもとのとしより)が書いた歌学書で、1112年(天永3年)頃に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる俊頼髄脳の中から「鷹狩りの歌」について詳しく解説していきます。 【...
工芸

オンライン陶器市のWEB開催情報まとめ|有田・益子・波佐見・小石原・笠間など|インターネット陶器市

オンライン陶器市の開催情報まとめです。益子焼や有田焼など全国の各産地のWEB陶器市を一覧でまとめてご紹介。
古典

古今和歌集「仮名序」原文と現代語訳・解説|古今集

古今和歌集(こきんわかしゅう)は日本最古の勅撰和歌集で、通称は”古今集(こきんしゅう)”です。 1100首が収められており、913〜914年頃に成立したと考えられています。 その古今和歌集には漢文で書かれた真名序と、仮名文で書かれた...
古典

更級日記「源氏の五十余巻」原文と現代語訳・解説・問題|菅原孝標女

更級日記(さらしなにっき)は平安時代に書かれた日記で、作者は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)です。 少女時代からの約40年間の人生を回想しながら書いた自叙伝的な日記となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てく...
古典

伊勢物語「小野の雪」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

伊勢物語(いせものがたり)は作者不詳の歌物語で、平安時代初期に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の中から「小野の雪」について詳しく解説していきます。 【目次】 伊勢物語「小野の雪」の解説 ま...
工芸

千葉工匠具とは|千葉県の伝統的工芸品|鍛冶職人

千葉県の伝統工芸品、千葉工匠具。 読み方は”ちばこうしょうぐ”です。 今回はそんな千葉工匠具について、ご紹介します。 【目次】 千葉工匠具とは 千葉工匠具の製作工程 まとめ 千葉工匠具とは 千葉工...
古典

伊勢物語「狩りの使ひ」原文と現代語訳・解説・問題|平安古典文学

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代初期の歌物語で、作者は不詳ですが主人公の男は在原業平がモデルになっているといわれています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の中から「狩りの使ひ」について詳しく解説していきます。 ...
タイトルとURLをコピーしました