更級日記「大納言殿の姫君」原文と現代語訳・解説・問題|菅原孝標女の回想録

梅の写真|冬に咲く花
Sponsored

更級日記(さらしなにっき)は平安時代中期に書かれた回想録で、作者は菅原孝標女です。
今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる更級日記の中から「大納言殿の姫君」について詳しく解説していきます。

Sponsored

更級日記「大納言殿の姫君」の解説

更級日記でも有名な、「大納言殿の姫君」について解説していきます。

更級日記「大納言殿の姫君」の原文

五月ばかり、夜更くるまで物語を読みて起きゐたれば、来つらむ方も見えぬに、猫のいとなごう鳴いたるを、おどろきて見れば、いみじうをかしげなる猫あり。
いづくより来つる猫ぞと見るに、姉なる人、

「あなかま、人に聞かすな。いとをかしげなる猫なり。飼はむ。」

とあるに、いみじう人慣れつつ、かたはらにうち臥したり。
尋ぬる人やあると、これを隠して飼ふに、すべて下衆のあたりにも寄らず、つと前にのみありて、物も、きたなげなるは、ほかざまに顔を向けて、食はず。

姉おととの中につとまとはれて、をかしがり、らうたがるほどに、姉の悩むことあるに、もの騒がしくて、この猫を北面にのみあらせて呼ばねば、かしかましく鳴き罵れども、なほさるにてこそはと思ひてあるに、わづらふ姉おどろきて、

「いづら、猫は。こちゐて来。」

とあるを、

「など。」

と問へば、

「夢に、この猫の、かたはらに来て、『おのれは侍従の大納言殿の御娘の、かく(*)なりたるなり。さるべき縁のいささかありて、この中の君の、すずろにあはれと思ひ出で給へば、ただしばしここにあるを、このごろ下衆の中にありて、いみじうわびしきこと。』と言ひて、いみじう泣くさまは、あてにをかしげなる人と見えて、うちおどろきたれば、この猫の声にてありつるが、いみじくあはれなるなり。」

と語り給ふを聞くに、いみじくあはれなり。
そののちは、この猫を北面にも出ださず思ひかしづく。

ただ一人ゐたる所に、この猫が向かひたれば、かいなでつつ、

「侍従の大納言の姫君のおはするな。大納言殿に知らせ奉らばや。」

と言ひかくれば、顔をうちまもりつつ、なごう鳴くも、心のなし、目のうちつけに、例の猫にはあらず、聞き知り顔に、あはれなり。

更級日記「大納言殿の姫君」の現代語訳

五月のころに、夜が更けるまで、物語を読んで起きていると、どこから来たのかわからないが、猫がとてものどかに鳴いたのを、はっとして見ると、たいへんかわいらしい猫がいる。
どこからやって来た猫かしらと(思って)見ると、姉が

「しっ、静かになさい。人に聞かれないようにね。たいへんかわいらしい猫だわ。飼いましょう。」

と言うと、たいへん人に慣れた様子をしながら、(私たちの)そばに横になっている。
(この猫を)探す人がいるかもしれないと、隠して飼うが、身分の低い者のいるあたりにも全く近寄らず、じっと(私たちの)前にばかりいて、きたない感じのする食べ物は、顔をそっぽに向けて食べない。

姉妹の中にじっとまとわりついて、面白がり、かわいがっているうちに、姉が病気にかかったことがあったので、なんとなくとりこんでいて、この猫を北側の部屋にばかりいさせて呼ばないので、やかましく鳴き騒ぐけれども、やはり何かわけがあって鳴くのだろうと思っていると、病気の姉が、ふと目を覚まして、

「どうしたの、猫は。こっちに連れてきてちょうだい。」

と言うので、

「どうして。」

と聞くと、

「夢で、この猫がそばに来て、『私は、侍従の大納言殿の御息女が(生まれ変わって)このよう(な猫の姿)になってしまったのです。こうなるはずの前世の因縁が少しばかりあって、この次女のお嬢さんが、しきりになつかしく思い出してくださるので、ほんのしばらくこの家におりますのに、このごろは、身分の低い者の中に(置かれて)いるので、とても情けないこと。」

と言って、ひどく泣く様子は、上品でかわいらしい人のように見えたけれど、はっと目を覚ましてみると、この猫の声であったのが、たいへんしみじみと心を打たれたのです。」

とお話しになるのを聞くと、たいへんしみじみとした気持ちになる。
その後は、この猫を北側の部屋にも出さず、大切に扱う。

(私が)ただ一人座っている所に、この猫が向かい合って座っていたので、なでてやりながら、

「(あなたは)侍従の大納言の姫君でいらっしゃるのね。大納言様にお知らせ申し上げたいものだわ。」

と話しかけると、顔をじっと見つめながら、のどかに鳴くのも、気のせいか、一見したところでは、普通の猫とは違い、(私の言うことを)聞き分けているような顔つきで、しみじみとした感じである。

更級日記「大納言殿の姫君」の単語・語句解説

[猫のいとなごう鳴いたるを]
猫がとてものどやかに鳴いたのを。

[あなかま]
しっ、静かに。

[つと前にのみありて]
じっと(私たちの)前にばかりいて。

[ほかざまに顔を向けて]
顔をそっぽに向けて。

[まとはれて]
まとわりついて。

[かしかましく鳴きののしれども]
やかましく鳴き騒ぐけれども。

[こちゐて来]
こっちに連れてきてちょうだい。

[いみじうわびしきこと]
とても情けないこと。

[あてにをかしげなる人]
上品でかわいらしい人。

[思ひかしづく]
大切に扱う。

[おはするな]
いらっしゃるのね。

[知らせ奉らばや]
お知らせ申し上げたいものだわ。

[言ひかくれば]
話しかけると。

[顔をうちまもりつつ]
顔をじっと見つめながら。

[心のなし]
気のせいか。

[目のうちつけに]
一見したところでは。

*更級日記「大納言殿の姫君」でテストによく出る問題

○問題:「かく(*)」のさす内容は何か。
答え:現在の「猫の姿」をさす。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は更級日記でも有名な、「大納言殿の姫君」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
更級日記「鏡のかげ」
更級日記「継母との別れ」
更科日記「後の頼み」
更級日記「源氏の五十余巻」
更級日記「あこがれ・門出・東路の道の果て」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました