竹取物語「かぐや姫の嘆き」原文と現代語訳・解説・問題|日本最古の仮名物語

竹
Sponsored

竹取物語(たけとりものがたり)は平安時代初期に書かれた日本最古の仮名物語で、作者はわかっていません。
今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる竹取物語の中から「かぐや姫の嘆き」について詳しく解説していきます。

Sponsored

竹取物語「かぐや姫の嘆き」の解説

竹取物語でも有名な、「かぐや姫の嘆き」について解説していきます。

竹取物語「かぐや姫の嘆き」の原文

八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。
人目も今はつつみたまはず泣きたまふ。

これを見て、親どもも「何事ぞ。」と問ひさわぐ。
かぐや姫泣く泣く言ふ、

「先々も申さむと思ひしかども、必ず心惑ひし給はむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。
おのが身はこの国の人にもあらず。月の都の人なり。それを、昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より、迎へに人々まうで来むず。
さらずまかりぬべければ、おぼし嘆かむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍るなり。」

と言ひて、いみじく泣くを、翁、

「こは、なでふことのたまふぞ。竹の中より見つけ聞こえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、わが丈立ち並ぶまで養ひたてまつりたるわが子を、何人か迎へ聞こえむ。まさに許さむや。」

と言ひて、

「我こそ死なめ。」

とて、泣きののしること、いと堪へがたげなり。
かぐや姫のいはく、

「月の都の人にて、父母あり。片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。かの国の父母のこともおぼえず、ここには、かく久しく遊び聞こえて、ならひ奉れり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならず、まかりなむとする。」

と言ひて、もろともにいみじう泣く。
使はるる人々も、年ごろならひて、立ち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。

竹取物語「かぐや姫の嘆き」の現代語訳

八月十五日ごろの月の夜に縁側に出て座り、かぐや姫はたいそうひどくお泣きになる。
もう人目もおはばかりにならずお泣きになる。

これを見て、親たちも「どうしたことか。」と大騒ぎをして、わけを聞く。
かぐや姫が泣きながら話すのには、

「前にも申しあげようと思っていたのですが、きっと悲しみで心を乱されるに違いないと思って、(言わずに)これまで過ごしておりました。
そんなに黙ってばかりいられようかと思って、打ち明けてしまうのでございます。私の身はこの国の人ではありません。月の都の人です。それなのに、前世からの宿命でこの地上の世界にやって参りました。今、帰らなければならない時になってしまったので、今月の十五日に、あの月の国から、人々が私を迎えにやって来るでしょう。
(これは)やむを得ずおいとましなければなりませんから、さぞ嘆き悲しまれるだろうと、それが悲しくて、この春ごろから思い悩んでおりました。」

と言ってひどく泣くので、翁は、

「これは、何と言うことを言われるのか。(姫は私が)竹の中から見つけ申し上げたのでしたが、(その時は)菜種ぐらいの大きさでいらっしゃったのを、私の背丈と同じぐらいに大きくなるまでお育て申し上げた、その私の子を誰がいったいお迎え申し上げるというのか。どうして許そうか、いや許しはしない。」

と言って、

「私の方こそ死んでしまいたい。」

と大声で泣きわめいて、全く耐えられない様子である。
かぐや姫の言うには、

「月の都に父母がいます。ほんのわずかの間と言うことで月の国からやって参りましたが、このようにこの国で多くの年を過ごしてしまったのです。
月の国の父母の事も覚えておらず、この国では、このように長く楽しく過ごさせて頂いて、馴染み親しみ申し上げました。(月の都へ帰るのは)嬉しい気持ちもしません。ただ、悲しいばかりです。けれども、自分の意志からではなく、月に帰ろうとしているのです。」

と言って、翁たちと一緒にひどく泣く。
召し使われる人たちも、長年親しんで、ここで別れてしまう事は、姫の気立てがよく品があって美しかった事などを見慣れていて、(それゆえにここで別れてしまったらどんなに)恋しかろうと思と堪えられそうになく、湯水ものどを通らないありさまで、(翁夫婦と)同じ思い出悲しんでいた。

竹取物語「かぐや姫の嘆き」の単語・語句解説

[遊びきこえて]
楽しく過ごさせていただいて。

[年ごろならひて]
何年もの間、慣れ親しんで。

[同じ心に]
同じ気持ちで。

*竹取物語「かぐや姫の嘆き」でテストによく出る問題

○問題:かぐや姫が泣いていたのは何故か。
答え:自分の意志からではなく、月に帰らなければいけないから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は竹取物語でも有名な、「かぐや姫の嘆き」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
竹取物語「帝の求婚」
竹取物語「かぐや姫のおひたち」
竹取物語「かぐや姫の昇天」
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました