土佐日記|門出、海賊の恐れ、忘れ貝、帰京の現代語訳・解説・問題

あじさいの写真|夏に咲く花々
Sponsored

土佐日記は紀貫之による現存最古の和文日記で、承平五年(935年)頃に書かれました。
今回は高校古典の教科書にも出てくる土佐日記の中から「門出」「海賊の恐れ」「忘れ貝」「帰京」について詳しく解説していきます。

Sponsored

土佐日記「門出」の解説

土佐日記(とさにっき)でも有名な、門出(かどで)について解説していきます。

[関連]
土佐日記「門出」朗読動画(Youtube)

門出の原文

男もすなる日記(にき)といふものを、女もしてみむとて、するなり。
それの年の十二月(しはす)の二十日(はつか)あまり一日(ひとひ)の日の戌の時に、門出す。
その由(よし)、いささかにものに書きつく。
 
ある人、県(あがた)の四年五年(よとせいつとせ)果てて、例のことどもみなし終へて、解由(げゆ)など取りて、住む館(たち)より出(い)でて、船に乗るべき所へ渡る。
かれこれ、知る知らぬ、送りす。
年ごろよく比べつる人々なむ、別れ難く思ひて、日しきりにとかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。

二十二日(はつかあまりふつか)に、和泉(いずみ)の国までと、平らかに願(ぐわん)立つ。
藤原(ふぢはら)のときざね、船路なれど、馬(むま)のはなむけす。
上中下(かみなかしも)、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海(しほうみ)のほとりにて、あざれあへり。

二十三日(はつかあまりみか)。
八木のやすのりといふ人あり。
この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。
これぞ、たたはしきやうにて、馬のはなむけしたる。
守柄(かみがら)にやあらむ、国人(くにひと)の心の常として、「今は。」とて見えざなるを、心ある者は、恥ぢずになむ来ける。
これは、物によりて褒むるにしもあらず。

二十四日(はつかあまりよか)。
講師(かうじ)、馬のはなむけしに出でませり。
ありとある上下(かみしも)、童(わらは)まで酔ひ痴(し)れて、一文字(いちもんじ)をだに知らぬ者、しが足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。

門出の現代文

男も書くという日記というものを、女も書いてみようと思って書くのである。
ある年の十二月二十一日の午後八時頃に、出発する。
その様子を、少しばかり紙に書きつける。

ある人*が、国司といての任期の四、五年が終わって、通例の事務を全て終わらせて、解由状などを受け取り、住んでいた国司の官舎から出て、船に乗るはずの所へ移る。
あの人この人、知っている人知らない人、見送りをする。
この数年来親しく交際していた人たちは、別れがたく思って、一日中、あれやこれやとしながら、大騒ぎするうちに、夜が更けてしまった。

二十二日に、和泉の国まで、無事であるようにと神仏に祈願する。
藤原のときざねが、船旅であるのに、馬のはなむけ(=送別の宴)をする。
身分の高い者も中・下の者もすっかり酔っ払って、たいそう不思議なことに、潮海のそばで、ふざけ合っている。

二十三日。
八木のやすのりという人がいる。
この人は、国司の役所で必ずしも仕事などを言いつけて使う者でもないようだ。
この人が、堂々として立派な様子で、餞別を贈ってくれた。
国司の人柄であろうか、国の人の人情の常として、「今は」と思って見送りに来ないようだが、真心のある人は、気にせずにやって来るのだよ。
よい贈り物をもらったからといって褒めるわけでもない。

二十四日。
国分寺の僧官が、送別の宴をしにおいでになった。
そこにいあわせた人々は身分の上下を問わず、子どもまでが正体なく酔っ払って、一の文字さえ知らない者が、その足は十の文字を踏んで遊んでいる。

門出の単語・語句解説

[日しきりに]
一日中。

[とかくしつつ]
あれやこれやとしつつ。

[ののしる]
ここでは”大騒ぎする”の意味。

[平らかに願立つ]
無事であるようにと祈願する。

[酔ひ飽きて]
すっかり酔っ払って。

[いとあやしく]
たいそう不思議なことに。

[褒むるにしもあらず]
褒めるわけでもない。

[出でませり]
おいでになった。

[一文字をだに]
一の文字さえ。

*門出でテストによく出る問題

○問題:「ある人」は誰を指しているか。
答え:作者(紀貫之)。

土佐日記「海賊の恐れ」の解説

土佐日記(とさにっき)でも有名な、海賊の恐れ(かいぞくのおそれ)について解説していきます。

海賊の恐れの原文

二十三日。
日照りて曇りぬ。「このわたり、海賊の恐れあり。」と言へば、神仏を祈る。

二十四日。
昨日の同じ所なり。

二十五日。
楫取らの「北風悪し。」と言へば、船出ださず。「海賊追ひ来。」と言ふこと、絶えず聞こゆ。

二十六日。
まことにやあらむ。「海賊追ふ。」と言へば、夜中ばかり*船を出だして漕ぎ来る路に手向けする所あり。
楫取して幣(ぬさ)奉らするに、幣の東へ散れば楫取の申して奉る言は、「この幣の散る方に御船すみやかに漕がしめ給へ。」と申して奉る。
これを聞きて、ある女の童の詠める、

[わたつみの道触りの神に手向けする 幣の追ひ風止まず吹かなむ]

とぞ詠める。
この間に、風のよければ、楫取いたく誇りて、船に帆上げなど喜ぶ。
その音を聞きて、童も嫗も、いつしかとし思へばにやあらむ、いたく喜ぶ。
この中に、淡路の専女といふ人の詠める歌、

[追風の吹きぬる時は行く船の 帆手打ちてこそうれししかりけれ]

とぞ。
天気のことにつけて祈る。

海賊の恐れの現代文

二十三日。
日が照ってそして曇った。
「この辺りは海賊の恐れがある。」と言うので、神仏に祈る。

二十四日。
昨日と同じ場所である。

二十五日。
船頭たちが、「北風が悪い。」と言うので、船を出さない。
「海賊が追って来る。」ということ(=うわさ)が、絶え間なく聞こえる。

二十六日。
本当なのであろうか、「海賊が追って来る。」と言うので、深夜頃から船を出して漕いで来るその途中に、神に供え物をする所がある。
船頭に言いつけて幣を奉納させたところ、幣が東へ散ったので、船頭が神に申しあげて差し上げる際の言葉は、「この幣の散る方角に、御船をすぐに漕がせてください。」と申して差し上げる。
これを聞いて、ある女の子が詠んだ、

[海路の行く手を守ってくださる守護神に、手向ける幣を東へなびかす追い風よ、止まずに吹き続けてほしい。]

と詠んだ。

この間に、風がよくなったので、船頭はとても誇らしげで、船に帆を上げなどして喜ぶ。
その音を聞いて、子どももおばあさんも、早くと思っていたからであろうか、とても喜んだ。
この人々の中で、淡路島出身の老女という人が詠んだ歌、

[追い風が吹いてきた時は、進んでいく船の帆を張るための網を手をたたいて喜ぶことだなあ。]

と詠んだ。

天気のことについて神仏に祈る。

海賊の恐れの単語・語句解説

[このわたり]
この辺り。

[聞こゆ]
ここでは”聞こえる”の意味。

[まことにやあらむ]
本当であろうか。

[手向け]
神や仏に供え物をすること。供え物。

[楫取りして]
楫取りに言いつけて。

[吹かなむ]
吹いてほしい。

[思へばにやあらむ]
思ったからであろうか。

[うれしかれけれ]
喜ぶことだなあ。

*海賊の恐れでテストによく出る問題

○問題:「夜中ばかり」に出発したのはなぜか。
答え:「海賊が追ってくる」という情報が入ったので、海賊に見つからないようにする為。

土佐日記「忘れ貝」「帰京」の解説/次のページ

タイトルとURLをコピーしました