土佐日記|門出、海賊の恐れ、忘れ貝、帰京の現代語訳・解説・問題

あじさいの写真|夏に咲く花々
Sponsored
Sponsored

土佐日記「忘れ貝」の解説

土佐日記(とさにっき)でも有名な、忘れ貝(わすれがい)について解説していきます。

忘れ貝の原文

四日。
楫取り、「今日、風雲の気色はなはだ悪し。」と言ひて、船出(い)ださずなりぬ。
しかれども、ひねもすに波風立たず。
この楫取りは、日もえ測らぬかたゐなりけり。

この泊の浜には、くさぐさのうるはしき貝、石など多かり。
かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、
 

[寄する波打ちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ]

と言へれば、ある人の堪へずして、船の心やりに詠める、

[忘れ貝拾ひしもせじ白玉を 恋ふるをだにも形見と思はむ]

となむ言へる。
女子(をなむご)のためには、親幼くなりぬべし。
「玉ならずもありけむを。」と人言はむや。
されども、「死し子、顔よかりき。」と言ふやうもあり。

なほ、同じ所に、日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、
 

[手を漬(ひ)てて寒さも知らぬ泉にぞ 汲むとはなしに日ごろ経(へ)にける]

忘れ貝の現代文

二月四日。
船頭が、「今日は風や雲の様子が大変悪い。」と言って、船を出さずに終わった。
それなのに、一日中波も風も立たない。
この船頭は、天気も予測できない愚か者であったのだ。

この港の浜辺には、色々の美しい貝、石などがたくさんある。
そこで、ただもう亡くなった人だけを恋しがって、船の中にいる人が詠んだ、

[打ち寄せてくる波よ、(どうか忘れ貝を)打ち寄せてほしい。私が恋い慕う人を忘れるという忘れ貝を、私は下りて拾おう。]

と言ったところ、ある人が堪えきれずに、船旅の間の気晴らし詠んだ、

[忘れ貝なんか、拾うこともすまい。せめて、白玉(のようなあの子)を恋しく思う気持ちだけでも、形見と思おう。]

と言ったのだった。
女の子の為には、親はきっと愚かになってしまうに違いない。
「玉というほどでもなかったろうに。」と人は言うだろうか。
しかし、「死んだ子は、顔立ちがよかった。」と言うような事もある。
やはり、同じ場所で、日を過ごすことを嘆いて、ある女の詠んだ歌は、

[手を浸しても冷たさも感じない(この名ばかりの)泉ではないが、和泉の国で水を汲むというわけでもなく、何日も過ごしてしまったことよ。]

忘れ貝の単語・語句解説

[風雲の気色]
風や雲の様子。

[しかれども]
それなのに。逆接の接続詞。

[ひねもすに]
一日中。

[え計らぬ]
予測できない。「ぬ」は打消の助動詞「ず」の連体形。

[くさぐさ]
いろいろ。

[船なる人]
船の中にいる人。

[打ちも寄せなむ]
どうか打ち寄せてほしい。

[白玉]
白い美しい玉。特に真珠にこと。

[恋ふるをだにも]
せめて恋しく思う気持ちだけでも。

[幼くなりぬべし]
愚かになってしまうに違いない。

[手を漬てて]
手を水に浸して。

[日ごろ]
幾日も。何日か。

*忘れ貝でテストによく出る問題

○問題:「白玉」とは何をたとえたものか。
答え:土佐の国で亡くなった女の子。

土佐日記「帰京」の解説

土佐日記(とさにっき)でも有名な、帰京(ききょう)について解説していきます。

帰京の原文

京に入りたちてうれし。
家に至りて、門(かど)に入るに、月明かければ、いとよくありさま見ゆ。
聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。
家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。
中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。
さるは、便りごとに物も絶えず得させたり。
今宵、「かかること。」と、声高にものも言はせず。
いとは辛く見ゆれど、志*はせむとす。
  
さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。
ほとりに松もありき。五年六年(いつとせむとせ)のうちに、千年(ちとせ)や過ぎにけむ、片方(かたへ)はなくなりにけり。
いま生ひたるぞ交じれる。
おほかたの、みな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ人々言ふ。
思ひ出(い)でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子(をむなご)の、もろともに帰らねば、いかがは悲しき。
船人(ふなびと)もみな、子たかりてののしる。
かかるうちに、なほ悲しきに堪へずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、

[生まれしも帰らぬものをわが宿に 小松のあるを見るが悲しさ]

とぞ言へる。
なほ飽かずやあらむ、また、かくなむ。

[見し人*の松の千年に見ましかば 遠く悲しき別れせましや]

忘れがたく、口惜しきこと多かれど、え尽くさず。
とまれかうまれ、疾(と)く破(や)りてむ。

帰京の現代文

京に踏み入ってうれしい。
家に着いて、門を入ると、月が明るいので、たいそうよく様子が見える。
うわさに聞いていた以上に、話にならないほど壊れ傷んでいる。
家の管理を頼んでおいた人の心も、すさんでいるのだったなあ。
隣の家との隔ての垣こそあるが、一つの屋敷のようなので、望んで預かったのだ。
とはいえ、ついでのあるたびに贈り物も絶えず取らせてきた。
今夜は、「こんなことだ。」と、大声で言わせない。
ひどく思いやりがないと感じられるけれど、お礼はしようと思う。

さて、池のようにくぼんで、水がたまっている所がある。
そのかたわらに松もあった。
五、六年の間に、千年も過ぎてしまったのであろうか、半分はなくなってしまったことだよ。
新しく生えたのが交じっている。
大部分が、すっかり荒れてしまっているので、「ああ。」と、人々は言う。
思い出さないことはなく、恋しく思うことの中でも、この家で生まれた女の子が、一緒に帰らないので、どんなに悲しいことか。
船に乗って帰ってきた一行も皆、子どもたちが寄り集まって大騒ぎする。
こうした中で、やはり悲しさに堪えられないで、ひそかに気持ちの通い合う人と詠みかわした歌、

[生まれた子も帰らないのに、わが家に小松が生えているのを見るのは悲しいことだよ。]

と詠んだ。
それでもまだ詠み足りないのであろうか、また、このように(歌を詠んだ)。

[死んだあの子が千年の寿命がある松のように生きていて、身近に見ることができるとしたら、どうして永遠の悲しい別れをしただろうか。]

忘れ難く、残念なことが多いけれど、とても書き尽くすことはできない。
ともかく、(こんな日記は)早く破り捨ててしまおう。

帰京の恐れの単語・語句解説

[月明ければ]
月が明るいので。

[こぼれ破れたる]
壊れ傷んでいる。

[さるは]
逆説の接続詞。「さあるは」の変化形。

[いとは辛く]
ひどく思いやりがないと。

[もろともに]
一緒に。そろって。

[いかがは悲しき]
どんなに悲しいことか。

[帰らぬものを]
帰らないのに。

[え尽くさず]
とても書き尽くすことができない。

*帰京でテストによく出る問題

○問題:「志」とは何を例えたものか。
答え:お礼。謝礼。

○問題:「見し人」とは誰のことか。
答え:亡くなった娘。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は土佐日記の門出、海賊の恐れ、忘れ貝、帰京についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
宇治拾遺物語|児のそら寝と絵仏師良秀の現代語訳・意味解説
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました