今年の十五夜はいつ?月見の風習やおそなえ、歴史について紹介します

お月見

秋といえば、月がキレイに見える季節。
中でも「十五夜」は特に月が美しく見えます。

では十五夜とはいつのことでしょうか?
月見の作法やお供えは?今回は十五夜や月見について紹介します。

月見がもっと味わい深く、楽しくなりますよ。

関連記事:お月見の文化を味わう~お月見の歴史や意味を知って中秋の名月を楽しもう

【目次】
1.十五夜とは。2016年、2017年の十五夜はいつ?
2.十五夜の歴史

3.月見の風習とお供え
4.月見をもっと楽しもう

1.十五夜とは。2016年、2017年の十五夜はいつ?

カレンダー
十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれ、「秋の真ん中に出る月」という意味があります。
では「秋の真ん中」とはいつでしょうか。

かつて使われていた旧暦では、1月~3月が春、4月~6月が夏、7月~9月が秋、10月~12月が冬と決まっていました。
7月、8月、9月の秋の真ん中は8月ですね。さらに8月の真ん中、15日ごろが「中秋の名月」です。
現在の新暦は旧暦と1~2か月のずれがあるため、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を十五夜としています。



■2016年の十五夜:9月15日(木)
■2017年の十五夜:10月4日(水)

ちょうど夜は涼しく、空が澄んでいるころですね。旧暦8月15日は日本の六曜で必ず仏滅にあたることから、「仏滅名月」の別名もあります。

2.十五夜の歴史

盃に映る月
日本では太古の昔から月を神聖視していたようです。
十五夜ではありませんが、縄文時代には「月を愛でる」風習があったといわれます。

十五夜の月見が盛んになったのは、平安時代。
貞観年間(859~877年)ごろに中国から伝わり、貴族の間に広まりました。
月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったそうです。
貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でました。

庶民も広く十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代に入ってからだといわれます。
貴族のようにただ月を眺めるのではなく、収穫祭や初穂祭の意味合いが大きかったようです。
十五夜のころは稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期。
無事に収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日でもありました。

3.月見の風習とお供え

茅葺きとすすき

地域によって違いはありますが、月見にはお供えをするのが決まりです。
お供えには1つひとつに意味があります。一部を紹介します。

ススキ

ススキは秋の七草の1つ。
白い尾花が稲穂に似ている、魔除けになるという理由で供えるようになりました。

月見団子

丸い団子を月に見立て、感謝の気持ちを表わすそうです。
団子の数は十五夜なら15個。ピラミッドのように積んで供えます。
これは一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたからです。

農作物

里芋、栗、枝豆など収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝していたようです。
中でも里芋を供えるのは一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」の異名をもちます。

お供えだけでなく、独特の風習も各地に伝わっています。
もっとも多いのが「お月見泥棒」です。

これは「月見のときだけはお供え物などを勝手に取ってもよい」というもの。
たとえば長崎県の一部では「まんだかな」といい、子どもがお供えを自由に取っていきます。
また秋田県仙北郡では「片足御免」といい、他人の家に片足を踏み込んでお供えを取るくらいは許されるそう。
どちらも「お月さまがお供えを食べた」ととらえ、喜びます。

4.月見をもっと楽しもう

栗

十五夜の日に月見を楽しめるのがベストですが、天候によってはかなわないこともあるでしょう。
もともと十五夜は雨の日が多いといわれます。
そんなときは、十三夜や十日夜に月見をしませんか?

十三夜(じゅうさんや)
旧暦の9月13日から14日の夜を十三夜といいます。
大豆や枝豆、栗を供えることから「豆名月」、「栗名月」と呼ぶことも。
十五夜と同じように月が美しく、さらに晴れの日が多いそうです。
2016年の十三夜は10月13日(木)、2017年は11月1日(水)です。
十日夜(とうかんや)
旧暦10月10日の夜を指します。
東日本を中心に収穫祭がおこなわれ、地の神さまに感謝の気持ちを表します。
「田の神さまが山に帰る日」ともいわれ、この日までに稲刈りを終わらせるところが多いようです。
二千十六年の十日夜は11月9日(水)、2017年は11月27日(月)です。

十五夜、十三夜、十日夜の3回とも月見をすると縁起がいいそうです。
秋の夜長に月見はいかがですか?

シェアする

フォローする

関連