2020-07

古典

方丈記「日野山の閑居」原文と現代語訳・解説・問題|鴨長明

方丈記(ほうじょうき)は鎌倉時代初期に書かれた随筆で、作者は鴨長明です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる方丈記の中から「日野山の閑居」について詳しく解説していきます。 【目次】 方丈記「日野山の閑居」の解説 まとめ...
古典

徒然草「世に語り伝ふること」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

徒然草(つれづれぐさ)は兼好法師が書いた随筆で、鎌倉時代に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「世に語り伝ふること」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「世に語り伝ふること」の解...
古典

徒然草「相模守時頼の母は」原文と現代語訳・解説・問題|鎌倉時代の随筆

徒然草(つれづれぐさ)は鎌倉時代末期に書かれた随筆で、作者は兼好法師です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「相模守時頼の母は」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「相模守時頼(さがみのかみ...
Sponsored
工芸

岐阜県の伝統工芸品一覧

日本のほぼ中央に位置し、「飛騨の山、美濃の水」といわれる程豊かな自然を抱える、岐阜県。 今回はそんな岐阜県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 岐阜県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ ...
古典

徒然草「あだし野の露消ゆる時なく」原文と現代語訳・解説・問題|兼好法師

徒然草(つれづれぐさ)は兼好法師が鎌倉時代末期に書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「あだし野の露消ゆる時なく」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「あだし野の露消ゆる時なく」...
古典

枕草子「雪のいと高う降りたるを」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

枕草子(まくらのそうし)は1001年(長保3年)頃に書かれた随筆で、作者は清少納言です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「雪のいと高う降りたるを」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「雪の...
古典

枕草子「中納言参り給ひて」原文と現代語訳・解説・問題|清少納言

枕草子(まくらのそうし)は1001年(長保3年)頃に清少納言が書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「中納言参り給ひて」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「中納言参り給ひて」の...
工芸

長野県の伝統工芸品一覧

自然豊かで、善光寺や松本城など様々な歴史的観光資源を抱える長野県。 今回はそんな長野県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 長野県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 長野県の伝統工芸...
古典

十訓抄「安養の尼上の小袖」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

十訓抄(じっきんしょう)は1252年(建長4年)に書かれた説話集で、作者は六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十訓抄の中から「安養(あんよう)の尼上(あまうえ)の小袖」について詳しく解説していき...
古典

大鏡「都府楼の鐘・菅原道真の左遷」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期の歴史物語で、作者はわかっていません。 藤原氏の繁栄と政権争奪等を描いた物語となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「都府楼の鐘」について詳しく解説していきます。 (教...
タイトルとURLをコピーしました