2020-08

古典

源氏物語「形見の文」原文と現代語訳・解説・問題

源氏物語(げんじものがたり)といえば世界最古の長編小説として有名で、作者は紫式部(むらさきしきぶ)です。 寛弘五年(1008年)に書かれました 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「形見の文」について詳しく解説してい...
工芸

長崎県の伝統工芸品一覧

異国情緒あふれる景観などが魅力で、様々な歴史の舞台にもなってきた長崎県。 今回はそんな長崎県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 長崎県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 長崎県の伝...
古典

大鏡「佐理の大弐」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期に書かれた、作者不明の歴史物語です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「佐理の大弐」について詳しく解説していきます。 (読み方は”すけまさのだいに”) 【目次】 大鏡「佐理...
Sponsored
古典

源氏物語「女三の宮の降嫁」原文と現代語訳・解説・問題|世界最古の長編小説

紫式部(むらさきしきぶ)が寛弘五年(1008年)に書いた世界最古の長編小説、源氏物語(げんじものがたり)。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「女三の宮の降嫁」について詳しく解説していきます。 (読み方は”おんなさ...
工芸

奈良県の伝統工芸品一覧

近畿地方のほぼ中央に位置し、海岸に接しない内陸県である、奈良県。 今回はそんな奈良県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 奈良県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 奈良県の伝統工芸品...
古典

枕草子「古今の草子を」原文と現代語訳・解説・問題|平安時代の随筆

清少納言が1001年(長保3年)頃に書いた随筆、枕草子(まくらのそうし)。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「古今の草子を」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「古今の草子を」の解説 まと...
古典

源氏物語「車争ひ」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

寛弘五年(1008年)に書かれた世界最古の長編小説、源氏物語(げんじものがたり)。 作者は紫式部(むらさきしきぶ)です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「車争ひ」について詳しく解説していきます。 【目...
工芸

愛媛県の伝統工芸品一覧

四国に位置し、瀬戸内海に面する愛媛県。 今回はそんな愛媛県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 愛媛県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 愛媛県の伝統工芸品 愛媛県の国指定伝統的工...
古典

徒然草「久しく隔たりて会ひたる人の」原文と現代語訳・解説・問題|兼好法師

徒然草(つれづれぐさ)は兼好法師が鎌倉時代末期に書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「久しく隔たりて会ひたる人の」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「久しく隔たりて会ひたる人...
古典

源氏物語「藤壺の里下がり」原文と現代語訳・解説・問題|紫式部

源氏物語(げんじものがたり)は寛弘五年(1008年)に書かれた世界最古の長編小説で、作者は紫式部です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「藤壺の里下がり」について詳しく解説していきます。 【目次】 源氏...
タイトルとURLをコピーしました