工芸

熊野筆とは|なでしこジャパンにも贈られた日本の伝統メイク道具

メイクをするとき、ついついお化粧品に目が行きがちですがメイク道具も侮れません。 メイクアップを仕事にしている、プロのメイクアップアーティストさんが、こだわりのメイク道具を何十年も愛用されていることがそのことを証明していますよね。 ...
古典

住吉物語「初瀬の霊夢」原文と現代語訳・解説・問題|擬古物語

住吉物語(すみよしものがたり)は1221年頃に書かれた擬古物語(ぎこものがたり)で、作者は不詳となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる住吉物語の中から「初瀬の霊夢(はつせのれいむ)」について詳しく解説していきます。 ...
古典

大鏡「鶯宿梅」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期に書かれた歴史物語で、作者はわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「鶯宿梅(おうしゅくばい)」について詳しく解説していきます。 【目次】 大鏡「鶯宿梅」の解...
Sponsored
古典

竹取物語「帝の求婚」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

竹取物語(たけとりものがたり)は日本最古の仮名物語で、平安時代初期に書かれました。 作者は詳しくわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる竹取物語の中から「帝の求婚」について詳しく解説していきます。 【目...
工芸

奈良墨とは?歴史と起源|全国シェア90%の良質な墨

奈良県奈良市で主に生産される伝統工芸品、奈良墨。 良質な墨で名高く、全国シェア90%を誇ります。 今回はそんな奈良墨について、ご紹介します。 【目次】 奈良墨とは 奈良墨の製作工程 まとめ 奈良墨とは ...
古典

古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」原文と現代語訳・解説・問題

古今著聞集(ここんちょもんじゅう)は1254年に成立した世俗説話集で、作者は橘成季です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる古今著聞集の中から「小式部内侍が大江山の歌の事(こしきぶのないしがおおえやまのうたのこと)」について詳し...
古典

宇治拾遺物語「絵仏師良秀」の品詞分解|高校古典

宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)は13世紀前半頃に成立した説話文学で、作者は詳しくはわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる宇治拾遺物語の中から「絵仏師良秀」の品詞分解をご紹介します。 【目次】 ...
古典

大鏡「道長と詮子」原文と現代語訳・解説・問題|関白の宣旨・女院と道長

大鏡(おおかがみ)は作者不詳の歴史物語で、平安時代後期に成立しました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「道長と詮子(みちながとせんし)」について詳しく解説していきます。 (教科書によっては「関白の宣旨」や「女院...
工芸

三線(さんしん)とは|沖縄県の伝統工芸品|弦楽器

沖縄県の那覇市などで生産されている伝統工芸品、三線(さんしん)。 ”しゃみせん”とも呼ばれます。 三線は弦楽器の一種で、2018年11月には国の伝統的工芸品にも指定されました。 今回はそんな三線について、ご紹介します。 ...
古典

宇治拾遺物語「児のそら寝」の品詞分解|鎌倉時代の説話集

宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)は鎌倉時代に成立した説話集です。 作者は不詳で、約200の説話を収めています。 今回は高校古典の教科書にも出てくる宇治拾遺物語の中から「児のそら寝」の品詞分解をご紹介します。 【目次】...
タイトルとURLをコピーしました