2022-04

古典

解説|ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは|在原業平朝臣の百人一首17番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、在原業平朝臣の下記の和歌。 「ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」 上記の在原業平朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

和歌解説|立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む|中納言行平の百人一首16番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、中納言行平の下記の和歌。 「立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む」 上記の中納言行平の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

和歌解説|君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ|光孝天皇の百人一首15番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、光孝天皇の下記の和歌。 「君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ」 上記の光孝天皇の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...
Sponsored
工芸

和歌解説】陸奥のしのぶもぢずりたれゆゑに 乱れそめにしわれならなくに|河原左大臣の百人一首14番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、河原左大臣の下記の和歌。 「陸奥のしのぶもぢずりたれゆゑに 乱れそめにしわれならなくに」 上記の河原左大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

和歌解説】筑波嶺の峰より落つるみなの川 恋ぞ積もりて淵となりぬる|陽成院の百人一首13番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、陽成院の下記の和歌。 「筑波嶺の峰より落つるみなの川 恋ぞ積もりて淵となりぬるむ」 上記の陽成院の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

和歌解説】天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ|僧正遍昭の百人一首12番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、僧正遍昭の下記の和歌。 「天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ」 上記の僧正遍昭の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の...
古典

和歌解説】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船|参議篁の百人一首11番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、参議篁の下記の和歌。 「わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船」 上記の参議篁の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

【和歌解説】これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関|蝉丸の百人一首10番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、蝉丸の下記の和歌。 「これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関」 上記の蝉丸の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第...
古典

【和歌解説】花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせし間に|小野小町の百人一首9番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、小野小町の下記の和歌。 「花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせし間に」 上記の小野小町の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

【和歌解説】わが庵は都のたつみしかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり|喜撰法師の百人一首8番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、喜撰法師の下記の和歌。 「わが庵は都のたつみしかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり」 上記の喜撰法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...