2022-04

古典

解説|みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ|百人一首|中納言兼輔の27番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、中納言兼輔の下記の和歌。 「みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ」 上記の中納言兼輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ|百人一首|貞信公の26番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、貞信公の下記の和歌。 「小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ」 上記の貞信公の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の...
工芸

解説|名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られで来るよしもがな|三条右大臣の百人一首25番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、三条右大臣の下記の和歌。 「名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られで来るよしもがな」 上記の三条右大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

解説|このたびは幣も取りあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに|菅家の百人一首24番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、菅家の下記の和歌。 「このたびは幣も取りあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」 上記の菅家の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第24...
古典

解説|月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど|大江千里の百人一首23番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、大江千里の下記の和歌。 「月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」 上記の大江千里の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
工芸

解説|吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ|文屋康秀の百人一首22番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、文屋康秀の下記の和歌。 「吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ」 上記の文屋康秀の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...
古典

解説|今来むといひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな|素性法師の百人一首21番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、素性法師の下記の和歌。 「今来むといひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな」 上記の素性法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ|元良親王の百人一首20番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、元良親王の下記の和歌。 「わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ」 上記の元良親王の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|難波潟短き蘆のふしの間も 逢はでこの世を過ぐしてよとや|伊勢の百人一首19番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、伊勢の下記の和歌。 「難波潟短き蘆のふしの間も 逢はでこの世を過ぐしてよとや」 上記の伊勢の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首の第1...
古典

解説|住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ|藤原敏行朝臣の百人一首18番歌の意味、読み、単語

小倉百人一首にも収録されている、藤原敏行朝臣の下記の和歌。 「住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ」 上記の藤原敏行朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...