工芸

工芸

南部裂織の魅力。今、古い布、BOROが人気

えにし堂さん(@enishido)が投稿した写真 - 2016 10月 6 2:26午後 PDT 南部裂織という工芸品をご存知でしょうか。 裂き織りとは、古い布を細かく裂き、それを織り込んで新たな布に再生させたもの。 日本...
工芸

2016年話題になった伝統工芸業界ニュースを総復習!

2016年も様々な動きがあった、伝統工芸業界。 四季の美でも、サイト上の記事のほか、TwitterやFacebookでも様々なニュースをご紹介してきました。 そこで今回は、今年話題になった伝統工芸に関するニュースの中から主なものをピ...
工芸

播州そろばんに雲州そろばん。日本人の勉強を支えるそろばんを知ろう!

そろばんとは何か。歴史や成り立ち・起源を紹介。日本の伝統工芸品である雲州そろばんや播州そろばんの違いや特徴も解説します。
Sponsored
工芸

日本の自然布を楽しむ。三大古代織の芭蕉布、葛布、しな布の魅力

古来から日本各地で様々な織物が作られてきました。 撚りが強い糸で織った布を雪で晒すことによって独特の触感を生み出した小千谷縮、括りという技法によって様々な柄を作ることができる久留米絣など、それぞれ地域独自の技法が凝らされて...
工芸

和傘の、ため息が出るほどの造形美。雨の日は粋に和傘で出かけましょう

秋の長雨、しとしと降り続く毎日になんとなく気分が塞ぐなら、傘を変えてみてはいかがでしょうか。 粋な蛇の目で出かければ雨の音も耳に心地よく響き、心が軽やかになるかも知れません。 【目次】 1.和傘の歴史 2.和傘の種類 ...
工芸

レトロかわいい日本の張り子。ダルマに虎に赤べこに、面白い張り子がいっぱい!

とぼけた表情にユーモラスな造形、日本各地で昔から作られてきた張り子は、元祖ゆるキャラとも言えるのではないでしょうか。 今回は、インテリアに取り入れたいレトロかわいい各地の張り子をご紹介します。 【目次】 1.表情ゆたかな様...
工芸

有明行灯について|江戸の灯り事情 現代でも楽しめる有明行灯の奥ゆかしい光

出典:一関市HP 【目次】 1.人と灯り 2.江戸の灯り 行灯 3.有明行灯の特徴 4.有明行灯を楽しむには 5.江戸の暮らしと灯り 1.人と灯り 人々が火を灯りとして使い始めたのは、古墳...
工芸

ちりめんとは?和小物の定番・ちりめんのある生活

和小物の定番・ちりめん細工。 お土産物屋さんや雑貨屋さんで見かける機会も多いはずです。 最近では、百円ショップでもちりめんの小物を手に入れることができるようになりました。 ちりめんでできているだけで和風な雰囲気を醸し出しますよね。...
工芸

オフィスに伝統工芸を!プレゼントや贈り物にも最適な日本の工芸品

日本が世界に誇る、伝統工芸品。職人の高度な技術、手仕事によって作り出される日本の工芸品は、プレゼントや贈り物にも最適です。今回は、オフィスで使いやすい工芸品をご紹介します。海外や外国人の方へのプレゼントとしても喜ばれるものも多くありますので、おすすめです。
工芸

有田焼は創業400年越え!有田焼・伊万里焼の歴史や特徴を知り、産地を旅しよう

佐賀県有田町を中心に生産されている磁器、有田焼。 有田焼は2016年で創業400年を迎えた、歴史ある焼き物です。 そんな有田焼の魅力に触れ、産地を旅してみませんか? 【目次】 有田焼と伊万里焼の違いは? 有田焼の歴...
タイトルとURLをコピーしました