古典

古典

雨月物語の現代語訳あらすじ|上田秋成による怪異小説の解説

江戸時代中期の読本、「雨月物語」。 上田秋成によって書かれた怪異小説9篇から成る作品です。 雨月物語を基にした小説や映画も作られるなど、高い人気を誇ります。 今回はそんな雨月物語についてご紹介したいと思います。 【目次】 雨月物語の構...
古典

古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ|有名古典

国として世界最古の歴史を持つ、日本。 その長い歴史の中で、様々な文学作品が生まれてきました。 そこで今回は、日本を代表する主な古典文学作品を一覧でご紹介したいと思います。 作家、文豪人物年表|日本文学 山月記、羅生門、こころ ...
古典

枕草子の原文内容と現代語訳|清少納言の生涯

世界初の随筆文学である「枕草子」。 作者は清少納言です。 枕草子は兼好法師の「徒然草」、鴨長明の「方丈記」と並び、日本三大随筆の一つにもなっています。 春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそく...
古典

徒然草の原文内容と現代語訳|兼好法師の生涯

鎌倉時代に兼好法師が書いた随筆、徒然草。 つれづれなるままに、日暮らし、硯(すずり)に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 孤独にあるのにまかせて、一日中、硯と向...
古典

鴨長明の方丈記|無常観とは?内容解説|原文と現代語訳

鎌倉時代の初期、1212年に鴨長明(かものちょうめい)が書いたのが、方丈記(ほうじょうき)です。 方丈記といえば、冒頭の「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず…」という文章が有名で、教科書などで学んだ記憶がある方も多いと思...
古典

古今和歌集の内容と解説、四季の歌一覧|古今集

日本で最初の勅撰和歌集である、古今和歌集(こきんわかしゅう)。 通称を古今集(こきんしゅう)とも言います。 勅撰集とは国家の繁栄や天皇の権威を示す為の文化的事業で、天皇の下命によって編纂する公的な撰集です。 和歌に限らず、漢詩を集めた勅撰...
古典

恋愛の和歌一覧|万葉集、古今和歌集、百人一首より

日本最古の歌集である、万葉集。 そこには恋愛に関する和歌も数多く詠まれています。 遥か昔から人間にとって恋愛は、片想いでも両思いでも、常に悩みの種でした。 秀歌撰として有名な百人一首でも、実に43首が恋の歌なのです。 そこで今回は、万葉...
古典

万葉集とは?歴史と意味解説、有名な和歌一覧!|新元号「令和」の由来も

日本最古の歌集である、万葉集。 新しい元号「令和(れいわ」も万葉集が出典という事も話題になりました。 しかし万葉集について、教科書などには出てきたけど、詳しくは分からない!という方も多いと思います。 そこで今回は、万葉集とはどういったも...
古典

百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

百人一首を用いて行う競技かるたの世界を描いた「ちはやふる」や、「うた恋い。」といった漫画が今、若い世代を中心に人気となっています。 今再び注目を集める、百人一首。 学生時代に勉強したり、お正月にかるたで遊んだ記憶がある方も多いのではない...