古典

十訓抄「賢人右府」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

十訓抄(じっきんしょう)は六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業が1252年(建長4年)に書いた説話集です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十訓抄の中から「賢人右府(読み方は"けんじんうふ")」について詳しく解説していきます。 ...
古典

おらが春「添へ乳」原文と現代語訳・解説・問題|小林一茶の俳諧俳文集

おらが春(おらがはる)は小林一茶が1819年(文政2年)に書いた俳諧俳文集です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくるおらが春の中から「添へ乳」について詳しく解説していきます。 【目次】 おらが春「添へ乳」の解説 まとめ...
古典

癇癖談「当代の流行」原文と現代語訳・解説・問題|上田秋成の小説

癇癖談(くせものがたり)は上田秋成が書いた小説で、1791年(寛政3)頃に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる癇癖談の中から「当代の流行」について詳しく解説していきます。 【目次】 癇癖談「当代の流行」の解...
Sponsored
工芸

熊本県の伝統工芸品一覧

九州地方のほぼ中央に位置し、阿蘇山など豊かな自然を抱える熊本県。 今回はそんな熊本県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 熊本県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 熊本県の伝統工芸品...
古典

十六夜日記「十六夜の月」原文と現代語訳・解説・問題|中世三大紀行文

十六夜日記(いざよいにっき)は弘安5(1282)年頃に書かれた紀行文日記で、作者は阿仏尼です。 中世三大紀行文の1つにもなっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十六夜日記の中から「十六夜の月」について詳しく解説していきま...
古典

十六夜日記「駿河路」原文と現代語訳・解説・問題|阿仏尼の紀行文日記

十六夜日記(いざよいにっき)は藤原為家の側室である阿仏尼が書いた紀行文日記で、弘安5(1282)年頃に成立しました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十六夜日記の中から「駿河路」について詳しく解説していきます。 【目次】...
古典

更級日記「鏡のかげ」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

更級日記(さらしなにっき)は平安時代中期に書かれた回想録で、作者は菅原孝標女です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる更級日記の中から「鏡のかげ」について詳しく解説していきます。 【目次】 更級日記「鏡のかげ」の解説 ...
工芸

三重県の伝統工芸品一覧

大小600もの島々が浮かぶ志摩半島など、豊かな自然を抱える三重県。 今回はそんな三重県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。 【目次】 三重県の伝統工芸品 その他の伝統工芸品 まとめ 三重県の伝統工芸...
工芸

更級日記「大納言殿の姫君」原文と現代語訳・解説・問題|菅原孝標女の回想録

更級日記(さらしなにっき)は平安時代中期に書かれた回想録で、作者は菅原孝標女です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる更級日記の中から「大納言殿の姫君」について詳しく解説していきます。 【目次】 更級日記「大納言殿の姫君...
古典

堤中納言物語「このついで」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

堤中納言物語(つつみちゅうなごんものがたり)は平安時代後期以降に書かれた短編物語集で、作者はわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる堤中納言物語の中から「このついで」について詳しく解説していきます。 【目次】...
タイトルとURLをコピーしました