古典

解説|逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし|百人一首|中納言朝忠の44番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、中納言朝忠の下記の和歌。 「逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし」 今回は上記の中納言朝忠の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|逢ひ見てののちの心にくらぶれば 昔はものを思はざりけり|百人一首|権中納言敦忠の43番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、権中納言敦忠の下記の和歌。 「逢ひ見てののちの心にくらぶれば 昔はものを思はざりけり」 今回は上記の権中納言敦忠の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは|百人一首|清原元輔の42番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、清原元輔の下記の和歌。 「契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは」 今回は上記の清原元輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...
Sponsored
古典

解説|恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか|百人一首|壬生忠見の41番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、壬生忠見の下記の和歌。 「恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか」 今回は上記の壬生忠見の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|忍ぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで|百人一首|平兼盛の40番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、平兼盛の下記の和歌。 「忍ぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」 今回は上記の平兼盛の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...
古典

解説|浅茅生の小野の篠原忍ぶれど あまりてなどか人の恋しき|百人一首|参議等の39番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、参議等の下記の和歌。 「浅茅生の小野の篠原忍ぶれど あまりてなどか人の恋しき」 今回は上記の参議等の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一...
古典

解説|忘らるる身をば思はず誓ひてし 人の命の惜しくもあるかな|百人一首|右近の38番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、右近の下記の和歌。 「忘らるる身をば思はず誓ひてし 人の命の惜しくもあるかな」 今回は上記の右近の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

解説|白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける|百人一首|文屋朝康の37番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、文屋朝康の下記の和歌。 「白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける」 今回は上記の文屋朝康の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ|百人一首|清原深養父の36番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、清原深養父の下記の和歌。 「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ」 今回は上記の清原深養父の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける|百人一首|紀貫之の35番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、紀貫之の下記の和歌。 「人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける」 今回は上記の紀貫之の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...