宇治拾遺物語|児のそら寝と絵仏師良秀の現代語訳・意味解説|全文

金木犀
Sponsored

宇治拾遺物語は13世紀前半頃に成立した説話集で、”うじしゅういものがたり”と読みます。
説話集とは神話や伝説、昔話などの色々な物語を集めた書籍の事で、他に今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)も有名です。

今回は高校古典の教科書にも出てくる宇治拾遺物語の有名な説話「児のそら寝」と「絵仏師良秀」について詳しく解説していきます。

[関連記事]
今昔物語集とは|日本最大の説話集の内容
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

Sponsored

児のそら寝の解説

宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)の有名な説話、児のそら寝(ちごのそらね)について解説していきます。

【児のそら寝の概要】
昔、比叡山に児がいた。ある時僧たちがぼた餅を作るといの聞いて、寝ずに待つのもみっともないと思って寝たふりをしていた。
餅が出来、思っていた通り僧が声を掛けてくれるが、一度で起きるのも体裁が悪いと思ってもう一度声をかけてくれるのを待つ。
だがもう声はかからなかったので、仕方なく遅れて「はい。」と返事をしたので、僧たちは大笑いした。

関連:宇治拾遺物語「児のそら寝」朗読動画

児のそら寝の原文


今は昔、比叡の山に児ありけり。
僧たち、宵のつれづれに、

「いざ、かひもちひせむ。」

と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。
さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たる由にて、出で来るを待ちけるに、すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。



この児、定めておどろかさむずらむと待ちゐたるに、僧の、

「もの申し候はむ。 驚かせ給へ。」

と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、 待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、

「や、な起こし奉りそ。をさなき人は、寝入り給ひにけり。」

と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、 ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、

「えい。」

といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。

児のそら寝の現代語訳


今となっては昔のことだが、比叡山延暦寺に児がいた。
僧たちが、日が暮れて間もない頃の所在なさに、

「さぁ、ぼた餅を作ろう。」

と言ったのを、この児が、期待して聞いた。
そうかといって、(ぼた餅を)作りあげるのを待って寝ないのも、きっとみっともないだろうと思って、片隅に寄って、寝ているふりで、(ぼた餅が)できあがるのを待ったところ、もう作りあげた様子で、(僧たちは)騒ぎ合っている。



この児は、きっと(僧たちが)起こそうとするだろうと待ち続けていると、僧が、

「もしもし。お起き下さい。」

と言うのを、うれしいとは思うけれども、ただ一度で返事をするのも、待っていたのかと(僧たちが)思うといやだと考えて、もう一度呼ばれて返事をしようと、我慢して寝ているうちに、

「これ、お起こし申しあげるな。幼い人は、寝入ってしまわれたよ。」

と言う声がしたので、ああ、情けないと思って、もう一度起こしてくれよと、思いながら寝て聞くと、むしゃむしゃと、ただ盛んに食べる音がしたので、どうしようもなくて、長い時間ののちに、

「はい。」

と返事をしたので、僧たちが笑うことこのうえない(ことだった)。

児のそら寝の単語解説

①の解説

[つれづれ]
することもなく退屈なこと。

[いざ]
さあ。呼びかけを表す感動詞。

[さりとて]
そうかといって

[わろかりなむ]
きっとみっともないだろう。

[寝たる由にて]
寝ているふりで。

①でテストによく出る問題

○問題:「待ちける」の主語は誰か。
答え:児

○問題:「ひしめき合ひたり」の主語は誰か。
答え:僧たち

②の解説

[おどろかさむずらむ]
「むず」+「らむ」で物事を深く推量する意味になる。

[おどろかせ給へ]
「せ」+「たまへ」で二重敬語。ここでは児へのいたわりを込めている。

[念じて]
我慢して。

[な起こし奉りそ]
「な…そ」でしてくれるなという柔らかい禁止となる。

[あな]
強い感動を表す。

[わびし]
ここでは「つらい」や「情けない」といった意味。

[起こせかし]
起こしてくれよ。「かし」は念押し、確認の意の終助詞。

[ひしひしと]
むしゃむしゃと。食べる音の形容。

②でテストによく出る問題

○問題
児の心の動きを答えよ。

答え:
ぼた餅を作る事をしって喜ぶが、体裁を保つためにそら寝を続ける。
一度声がかかり、嬉しく思いながらもここは体裁を考えて返事を我慢。
しかしぼた餅を食べる音が聞こえてきて、焦りで困惑しつつも待つが声がかからないので、我慢できずに返事をした。

絵仏師良秀の解説

宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)の有名な説話、絵仏師良秀(えぶっしりょうしゅう)について解説していきます。

【絵仏師良秀の概要】
昔、絵仏師の良秀という者がいた。ある日隣の家から出火して家が火事になるが、妻子を残し自分だけ逃げ出して道の向かいに立っていた。
良秀は火事の様子をみて笑った。見舞いに来た人たちが不審に思い尋ねると、良秀は不動尊の火炎の描き方が理解出来たのでもうけものをしたと言って人々をあざ笑う。
その後、良秀のよじり不動といって、今でも人々は称賛している。

関連:宇治拾遺物語「絵仏師良秀」朗読動画

絵仏師良秀の原文


これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。
家の隣より火出できて、風おしおほひてせめければ、逃げ出でて、大路へ出でにけり。人の書かする仏もおはしけり。
また、衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立てり。



見れば、既にわが家に移りて、煙、炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちて、眺めければ、

「あさましきこと。」

とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。

「いかに。」

と人言ひければ、向かひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづきて、ときどき笑ひけり。

「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。」

と言ふ時に、とぶらひに来たる者ども、

「こはいかに、かくては立ち給へるぞ。あさましきことかな。物のつき給へるか。」

と言ひければ、

「なんでふ、物のつくべきぞ。年ごろ、不動尊の火炎を悪しく書きけるなり。今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。これこそ、せうとくよ。この道を立てて、世にあらむには、仏だによく書き奉らば、百千の家も、出で来なむ。わ党たちこそ、させる能もおはせねば、物をも惜しみ給へ。」

と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。
そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々めで合へり。

絵仏師良秀の現代語訳


これも今となっては昔の話だが、絵仏師の良秀という者がいた。
(良秀の)家の隣から、出火して、風が覆いかぶさってくるように吹いて(火が)迫ってきたので、(良秀は)逃げ出して、大通りへ出てしまった。(家の中には)人が注文して描かせている仏もいらっしゃった。
また、着物を着ていない妻子なども、そのまま家の中にいた。(良秀は)それも気にかけず、ただ(自分が)逃げ出たことをよいことにして、道の向かい側に立っていた。



見ると、(火は)既に自分の家に燃え移って、煙や炎がくすぶるまで、(良秀はその様子の)だいたいを、道の向かい側に立って、眺めていたので、

「大変なこと(ですね)。」

と言って、人々が、見舞いにやって来たが、(少しも)慌てない。

「どうしたのですか。」

と人が言ったところ、(良秀は道の)向かいに立って、家の焼けるのを見て、うなずいて、時々笑った。

「ああ、大変な得をしたなあ。長年下手に描いていたものだなあ。」

と言う時に、見舞いに来た人たちが、

「これはまあなんとしたことだ、このように立っていらっしゃるのか。驚きあきれたことだなあ。霊の類いがとりつきなさったのか。」

と言うと、

「どうして、霊の類いがとりつくはずがあろうか、いやとりついてなどない。長年、不動尊の火炎を下手に描いていたのだ。
今見ると、このように(火炎は)燃えていたのだなあと、理解したのだ。これこそもうけものよ。
この(絵仏師の)道を専門にして、世を生きていくには、仏さえ上手にお描き申しあげるならば、百軒千軒の家も、きっとできるだろう。
おまえたちこそ、これといった才能もおありでないので、物をもお惜しみなさりませ。」

と言って、あざ笑って立っていた。
その後のことであろうか、(良秀の絵は)良秀のよじり不動といって、今でも人々がみなほめ合っている。

①の単語解説

[いふありけり]
「いふ」は連体形で、下に「者」などの体言を補って訳す。

[人の書かする仏]
人が絵仏師である良秀に注文して書かせている仏、という意味。

[おはしけり]
いらっしゃった。「おはす」でいらっしゃる。「あり」の尊敬語。ここでは仏に対する敬意。

[さながら]
ここでは「もとのまま」の意味。

[それ]
描きかけの仏の絵や妻子がまだ家の中にいることを指している。

[知らず]
気にかけず。

②の単語解説

[あさましきこと]
大変なこと。良秀の家に火が燃え移ったことに対する驚きを表す。

[来とぶらひけれど]
見舞いにやって来たが。

[年ごろ]
ここでは「長年」の意味。

[こはいかに]
意外な事に出会ったときの驚きや感動を表す慣用句的な表現。

[かくて]
このようにして。

[あさましき]
この「あさまし」は「驚きあきれるばかりだ」の意味。

[悪しく]
下手に。

[かうこそ燃えけれ]
このように燃えていたのだなあ。

[心得つるなり]
理解したのだ。

[めで合へり]
みな称賛し合っている。

テストによく出る問題

○問題:何を「わろく書きける」なのか。
答え:不動尊の火炎。

○問題:「この道」とは何か。
答え:絵仏師の道。

○問題:良秀が「これこそ、せうとくよ。」と言ったのはなぜか。
答え:
家は燃えてしまったが、その火事によって不動尊の火炎の描き方を理解出来たから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は宇治拾遺物語の児のそら寝と絵仏師良秀についてご紹介しました。
その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
今昔物語集とは|日本最大の説話集の内容
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました