四季の美

古典

解説|花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり|百人一首|入道前太政大臣の96番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、入道前太政大臣の下記の和歌。 「花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり」 今回は上記の入道前太政大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
古典

解説|おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣に墨染の袖|百人一首|前大僧正慈円の95番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、前大僧正慈円の下記の和歌。 「おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣に墨染の袖」 今回は上記の前大僧正慈円の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|み吉野の山の秋風さよ更けて ふるさと寒く衣打つなり|百人一首|参議雅経の94番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、参議雅経の下記の和歌。 「み吉野の山の秋風さよ更けて ふるさと寒く衣打つなり」 今回は上記の参議雅経の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
Sponsored
古典

解説|世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海人の小舟の綱手かなしも|百人一首|鎌倉右大臣の93番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、鎌倉右大臣の下記の和歌。 「世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海人の小舟の綱手かなしも」 今回は上記の鎌倉右大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし|百人一首|二条院讃岐の92番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、二条院讃岐の下記の和歌。 「わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし」 今回は上記の二条院讃岐の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む|百人一首|後京極摂政前太政大臣の91番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、後京極摂政前太政大臣の下記の和歌。 「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝むず」 今回は上記の後京極摂政前太政大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説してい...
古典

見せばやな雄島の海人の袖だにも 濡れにぞ濡れし色は変はらずの解説|百人一首|殷富門院大輔の90番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、殷富門院大輔の下記の和歌。 「見せばやな雄島の海人の袖だにも 濡れにぞ濡れし色は変はらず」 今回は上記の殷富門院大輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
古典

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞするの解説|百人一首|式子内親王の89番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、式子内親王の下記の和歌。 「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」 今回は上記の式子内親王の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ 身を尽くしてや恋ひわたるべきの解説|百人一首|皇嘉門院別当の88番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、皇嘉門院別当の下記の和歌。 「難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ 身を尽くしてや恋ひわたるべき」 今回は上記の皇嘉門院別当の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮の解説|百人一首|寂蓮法師の87番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、寂蓮法師の下記の和歌。 「村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮」 今回は上記の寂蓮法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...