「 CULTURE 」一覧

盆栽からBONSAIへ 日本の伝統を受け継ぎながらアートとして楽しむ海外のファンが急増中

盆栽からBONSAIへ 日本の伝統を受け継ぎながらアートとして楽しむ海外のファンが急増中

「盆栽」と聞くと、「なんだかむずかしそう」というイメージをお持ちではないですか? 今や「盆栽」は「BONSAI」となって、世界中に人気が広まり、盆栽目当て…

浮世絵師で一番人気なのは国芳?国貞?ランキングを大発表!

浮世絵師で一番人気なのは国芳?国貞?ランキングを大発表!

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」の東京展が開催され、大盛況となり様々な方面で話題になりました。 浮世絵人気が年々高まっている昨今。 人…

いま歌舞伎がおもしろい! 手軽に楽しもう♪ 歌舞伎入門講座

いま歌舞伎がおもしろい! 手軽に楽しもう♪ 歌舞伎入門講座

いまや世界中から愛されている日本文化のひとつ「歌舞伎」。 その華やかさ、奥の深さは素晴らしく、まさに日本文化の誇りといえるでしょう。 しかし日本人で…

一生に一度は行かなきゃ損!ぜひ訪れてみたい日本三大祭~祇園祭、天神祭、神田祭~

一生に一度は行かなきゃ損!ぜひ訪れてみたい日本三大祭~祇園祭、天神祭、神田祭~

和太鼓や祭囃子の音色。浴衣を着て歩く人々や香ばしい匂いの屋台…。 夏になり、街にお祭りの雰囲気が漂い始めると、なぜだかウズウズと日本人の血が騒ぐ!という方…

暖簾の世界をのぞいてみよう~意外と奥深い暖簾の伝統とは

暖簾の世界をのぞいてみよう~意外と奥深い暖簾の伝統とは

暖簾が登場するのは平安時代。 日除け、風除け、埃除け、人目を避けるために軒先に掛けられていました。 暖簾に家紋を入れるようになったのは鎌倉時代のこと…

風呂敷をお洒落に使いこなしてみませんか?今、再び注目される風呂敷の世界へ

風呂敷をお洒落に使いこなしてみませんか?今、再び注目される風呂敷の世界へ

風呂敷と言うと何を想像するでしょうか。 贈り物を包む お弁当や重箱を包む 日本酒などを贈ったり持ち運ぶために使う 和服を中心とした衣類を包む …

読めば「マイ箸」が欲しくなる!独自に発展した、日本の「箸」文化を知ろう

読めば「マイ箸」が欲しくなる!独自に発展した、日本の「箸」文化を知ろう

使い捨ての割り箸から高級な塗り箸まで。 毎日の食卓に欠かせないのが「箸」です。 ここでは箸の文化や歴史、とっておきの1膳が見つかる箸専門店をご紹介し…

茶道体験を知りたい~初心者でも手軽に楽しむための5つの心得

茶道体験を知りたい~初心者でも手軽に楽しむための5つの心得

日本の文化の代表格とも言える茶道。 「わび・さび」「一期一会」 などの言葉を生み出した「心の文化」としても受け継がれてきました。 日本人の「お…

Youtubeで観る事が出来る伝統工芸動画!職人の技術に感動!

Youtubeで観る事が出来る伝統工芸動画!職人の技術に感動!

日本が世界に誇る、職人文化。 その技術力の高さと仕事に対する情熱は、見るものを圧倒します。 今回は、動画共有サイトのYoutubeで観ることが出来る伝統工芸…

伝統工芸好きは必見!工芸品を取り扱うテレビ番組4選

伝統工芸好きは必見!工芸品を取り扱うテレビ番組4選

伝統工芸に関する情報は、書籍やインターネットでも集めることが出来ます。 しかし、映像で見ることが出来るテレビは、やはり感動の度合いが大きいですよね。 そこで…

男も惚れる格好良さ!幕末の志士、高杉晋作の生涯

男も惚れる格好良さ!幕末の志士、高杉晋作の生涯

400年続いた江戸時代に終止符をうち、明治という新しい時代を切り開く。 そんな激動の幕末時代を生きたのが、高杉晋作です。 高杉が仕えたのは、反幕府勢…

艶やかさに視線も心も釘付けに…一度は見たい都踊りと花街の風情

艶やかさに視線も心も釘付けに…一度は見たい都踊りと花街の風情

Cherry dance in Kyoto; 京都、 都をどり 5 / Nullumayulife 修学旅行などで京都に行くと、偶然芸妓さんを見かけて一緒に写…

舞妓さん、芸妓さんとお座敷遊び~受け継がれてきた大人の遊びの文化とは

舞妓さん、芸妓さんとお座敷遊び~受け継がれてきた大人の遊びの文化とは

ちょっと敷居が高いイメージのあるお座敷遊び。 でもあの美しい舞妓さんや芸妓さん達と一緒に飲むのは「大人の贅沢な遊び」であり、憧れる人も多いのではないで…

四季の花〜春編〜季節の花25選

四季の花〜春編〜季節の花25選

百花繚乱の春は、様々な花が咲き乱れる季節です。 花を見ていると、癒されるのはなぜなんでしょうか。不思議ですよね。 今回は「四季の花 春編」として、春の主…

日本の美を愛した文豪、川端康成

日本の美を愛した文豪、川端康成

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。 あまりにも有名な上記の文は、川端康成の小説「雪国」の冒頭の一節です。 日本ペンクラブ…

1 2 3 4 5