平家物語「扇の的」原文と現代語訳・解説・問題

海3
Sponsored

平家物語の中でも、那須与一が弓で敵船の扇を射る場面というのは特に有名なシーンです。
今回はそんな中学校国語の教科書にも出てくる平家物語の中から「扇の的」について詳しく解説していきます。

Sponsored

平家物語「扇の的」の解説

平家物語でも有名な、「扇の的」について解説していきます。

全体の流れ

まずは物語の流れを押さえておきましょう。
京都や一の谷などで源氏に敗れた平氏は、屋島にたどり着きます。
しかしそこでも義経の奇襲に合い、慌てた平氏は舟で海上に逃れ、陸の源氏と対峙します。
「扇の的」はその後の場面です。

平家物語「扇の的」の原文

ころは二月十八日の酉の刻ばかりの事なるに、折節北風激しくて、磯(いそ)打つ波も高かりけり。
舟は、揺り上げ揺り据ゑ漂へば、扇も串に定まらずひらめいたり。
沖には平家、舟を一面に並べて見物す。
陸(くが)には源氏、くつばみを並べてこれを見る。
いづれもいづれも晴れならずといふ事ぞなき。

与一目をふさいで、
「南無八幡大菩薩(なむはちまんだいぼさつ)、我が国の神明(しんめい)、日光の権現(ごんげん)、宇都宮、那須の湯泉大明神(ゆぜんだいみょうじん)、願はくは、あの扇の真ん中射させてたばせたまへ。
これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に二度(ふたたび)面(おもて)を向かふべからず。
今一度本国へ迎へんとおぼしめさば、この矢外させ給ふな。」
と心の内に祈念して、目を見開いたれば、風少し吹き弱り、扇も射よげにぞなつたりける。

与一、かぶらを取つてつがひ、よつぴいてひやうど放つ。
小兵(こひょう)といふ条、十二束三伏(じゅうにそくみつぶせ)、弓は強し、浦響くほど長鳴りして、あやまたず扇の要際(かなめぎわ)一寸ばかり置いて、ひいふつとぞ射切つたる。
かぶらは海に入りければ、扇は空へぞ上がりける。
しばしは虚空(こくう)にひらめきけるが、春風に一揉み二揉み揉まれて、海へさつとぞ散つたりける。
夕日のかかやいたるに、みな紅の扇の日出だしたるが、白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬ揺られければ、沖には平家、ふなばたを叩いて感じたり。
陸には源氏、えびらを叩いてどよめきけり。

あまりのおもしろさに、感に堪へざるにやおぼしくて、舟のうちより、年五十ばかりなる男の、黒革をどしの鎧着て、白柄(しらえ)の長刀(なぎなた)持ったるが、扇立てたりける所に立つて舞ひ締めたり。
伊勢三郎義盛(いせのさぶろうよしもり)、与一が後ろへ歩ませ寄つて、
「御定(ごじょう)であるぞ、つかまつれ。」
と言ひければ、今度は中差取つてうちくはせ、よつぴいて、しや頸(くび)の骨をひやうふつと射て、舟底へ逆さまに射倒す。
平家の方には音もせず、源氏の方にはまたえびらをたたいてどよめきけり。
「あ、射たり。」
と言ふ人もあり、また、
「情けなし。」
と言ふ者もあり。

平家物語「扇の的」の現代語訳

時は二月十八日、午後六時頃のことであったが、折から北風が激しく吹いて、岸を打つ波も高かった。
舟は、揺り上げられ揺り落とされ上下に漂っているので、竿頭(かんとう)の扇もそれにつれて揺れ動き、しばらくも静止していない。
沖には平家が、海上一面に舟を並べて見物している。
陸では源氏が、馬のくつわを連ねてこれを見守っている。
どちらを見ても、まことに晴れがましい情景である。

与一は目を閉じて、
「南無八幡大菩薩、我が故郷の神々の、日光の権現、宇都宮大明神、那須の湯泉大明神、願わくは、あの扇の真ん中を射させたまえ。
これを射損じれば、弓を折り、腹をかき切って、再び人にまみえる心はありませぬ。
いま一度本国へ帰そうとおぼしめされるならば、この矢を外させたもうな。」
と念じながら、目をかっと見開いて見ると、うれしや風も少し収まり、的の扇も静まって射やすくなっていた。

与一は、かぶら弓を取ってつがえ、十分に引き絞ってひょうと放った。
小兵とはいいながら、矢は十二束三伏で、弓は強い、かぶら矢は、浦一帯に鳴り響くほど長いうなりを立てて、あやまたず扇の要から一寸ほど離れた所をひいてふっと射切った。
かぶら矢は飛んで海へ落ち、扇は空へを舞い上がった。
しばしの間空に舞っていたが、春風に一もみ二もみもまれて、海へさっと散り落ちた。
夕日に輝く白い波の上に、金の日輪を描いた真っ赤な扇が漂って、浮きつ沈みつ揺れているのを、沖では平家が、舟端をたたいて感嘆し、陸では源氏が、えびらをたたいてはやし立てた。

あまりのおもしろさに、感に堪えなかったのであろう、舟の中から、年の頃五十歳ばかり、黒革おどしの鎧を着、白柄の長刀を持った男が、扇の立ててあった所に立って舞を舞った。
そのとき、伊勢三郎義盛が、那須与一の後ろへ馬を歩ませてきて、
「御定であるぞ、射よ。」
と命じたので、今度は中差を取ってしっかりと弓につがえ、十分に引き絞って、男の頸の骨をひょうふっと射て、舟底へ真っ逆さまに射倒した。
平家方は静まりかえって音もしない。
源氏方は今度もえびらをたたいてどっと歓声を上げた。
「ああ、よく射た。」
と言う人もあり、また、
「心ないことを。」
と言う者もあった。

平家物語「扇の的」の単語・語句解説

[くつばみ]
馬の口に含ませて手綱を付ける為の金具。くつわ。

[かぶら]
音を立てて飛ぶ様に作った矢。開戦の合図などに用いる。

[一寸]
約3cm。

[えびら]
矢を入れる道具。

[御定]
御命令。

*平家物語「扇の的」でテストによく出る問題

○問題:みぎわへ向かって馬を歩ませる与一を見送る源氏の兵士たちや義経の思いを答えよ。
答え:那須与一の様な弓の名手ならばきっと扇に命中させるだろうと、信頼している。

弓流し

那須与一のエピソードの後は、義経の”弓流し”の場面も描かれています。
後に平家が攻めてきた時、源氏が応戦した事で平家はまた舟に逃げ帰ります。
そして海に半分入りながら義経が戦っていた時、弓を落としてしまいます。
戦闘中でありながらも弓を探す義経を味方も止めますが、聞きません。
ようやく弓を拾い上げて戻った義経に「どんな高価な弓であろうと、命には代えられないでしょう。」と非難しますが、義経は次の様に返しました。

弓流しの原文

「弓の惜しさに取らばこそ。義経が弓といはば、二人しても張り、もしは三人しても張り、叔父の為朝が弓のやうならば、わざとも落として取らすべし。
尫弱たる弓を敵の取り持つて、『これこそ源氏の大将九郎義経が弓よ。』とて、嘲弄せんずるが口惜しければ、命にかへて取るぞかし。」
と、宣へば、みな人これを感じける。

弓流しの現代語訳

「弓が惜しくて取ろうとしたのではない。
義経の弓が、二人がかり、三人がかりで張る叔父の為朝の弓のようなら、わざと落としてでも取らせよう。
弱々しい弓を敵が拾い、『なんとこれが源氏の大将九郎義経の弓だよ。』と嘲笑するにちがいないのが悔しいので、命がけで拾ったのだよ。」
と言われたので、全ての人がこれを聞き感じ入ったのだった。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は平家物語でも有名な、中学国語にも出てくる「扇の的」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました