四季の美

古典

伊勢物語「筒井筒」原文と現代語訳・解説・問題|歌物語

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代に書かれた歌物語で、作者はわかっていません。 主人公についても在原業平ではないかという説がありますが、不詳となっています。 今回は高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の有名な説話「筒井筒」について...
古典

伊勢物語「東下り」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代の歌物語で、作者不詳の作品です。 百二十五段からなる短い歌物語で、庶民にも広く親しまれてきました。 今回は高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の有名な説話「東下り」について詳しく解説していきます。...
工芸

行田足袋とは?埼玉県行田市の伝統工芸品|陸王のモデルとランニングシューズ

行田足袋(ぎょうだたび)は埼玉県行田市の伝統工芸品です。 2019年11月には、国の伝統的工芸品にも指定されました。 今回はそんな行田足袋について、ご紹介したいと思います。 行田足袋とは 埼玉県行田市で足袋が作られる...
Sponsored
古典

沙石集「いみじき成敗・正直の徳」原文と現代語訳・解説・問題|鎌倉時代の仏教説話集

沙石集(しゃせきしゅう/させきしゅう)は鎌倉時代中期に書かれた約130編からなる仏教説話集です。 無住道暁が編纂しました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる沙石集の中から「いみじき成敗」について詳しく解説していきます。 (...
古典

十訓抄「祭主三位輔親の侍」原文と現代語訳・解説・問題|説話集

十訓抄(じっきんしょう)は1252年(建長4年)に書かれた説話集で、作者は六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業です。 10箇条の教戒を立て、約280の説話を集めた説話集となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十訓抄の中...
工芸

奥会津昭和からむし織とは?福島県・昭和村の伝統的工芸品

福島県大沼郡昭和村の伝統工芸品、「奥会津昭和からむし織」。 2017年に新たに国の伝統的工芸品に指定されました。 今回はそんな奥会津昭和からむし織について、ご紹介したいと思います。 奥会津昭和からむし織とは ...
古典

奥の細道「立石寺」原文と現代語訳・解説|有名句・閑かさや岩にしみ入る蝉の声

松尾芭蕉が書いた紀行・俳諧文学として知られる「おくのほそ道」。 今から300年以上も前、1702年に書かれたものです。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる奥の細道の中から「立石寺(りゅうしゃくじ)」について詳しく解説していきま...
古典

奥の細道「那須野」原文と現代語訳・解説・問題|元禄時代の紀行文

おくのほそ道といえば数々の有名な俳句を残した松尾芭蕉の俳諧文学として知られています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる奥の細道の中から「那須野(なすの)」について詳しく解説していきます。 【目次】 奥の細道「那須野...
工芸

伝統工芸品のアマビエ?収束願う、職人手作り祈願グッズ

社会全体に不安が広がっている昨今ですが、伝統工芸の職人たちが、疫病を防ぐという言い伝えのある伝説の妖怪「アマビエ」作りに立ち上がっています。 この記事ではニュース等メディアでも話題になった”伝統工芸×アマビエ”の事例を一覧でまとめてご紹介...
古典

奥の細道「平泉」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

奥の細道(おくのほそみち)は1702年に書かれた紀行・俳諧文学です。 作者は松尾芭蕉(まつおばしょう)。 数々の名作俳句を残した事でも知られています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる奥の細道の中から「平泉(ひらいずみ)」...
タイトルとURLをコピーしました