古典

古典

嘆けとて月やはものを思はする かこちがほなるわが涙かなの解説|百人一首|西行法師の86番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、西行法師の下記の和歌。 「嘆けとて月やはものを思はする かこちがほなるわが涙かな」 今回は上記の西行法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

夜もすがらもの思ふころは明けやらぬ ねやのひまさへつれなかりけりの解説|百人一首|俊恵法師の85番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、俊恵法師の下記の和歌。 「夜もすがらもの思ふころは明けやらぬ ねやのひまさへつれなかりけり」 今回は上記の俊恵法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しきの解説|百人一首|藤原清輔朝臣の84番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、藤原清輔朝臣の下記の和歌。 「長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき」 今回は上記の藤原清輔朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
Sponsored
古典

世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなるの解説|百人一首|皇太后宮大夫俊成の83番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、皇太后宮大夫俊成の下記の和歌。 「世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる」 今回は上記の皇太后宮大夫俊成の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

思ひわびさても命はあるものを 憂きに堪へぬは涙なりけりの解説|百人一首|道因法師の82番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、道因法師の下記の和歌。 「思ひわびさても命はあるものを 憂きに堪へぬは涙なりけり」 今回は上記の道因法師の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れるの解説|百人一首|後徳大寺左大臣の81番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、後徳大寺左大臣の下記の和歌。 「ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる」 今回は上記の後徳大寺左大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。...
古典

ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思への解説|百人一首|待賢門院堀河の80番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、待賢門院堀河の下記の和歌。 「ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ」 今回は上記の待賢門院堀河の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさの解説|百人一首|左京大夫顕輔の79番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、左京大夫顕輔の下記の和歌。 「秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ」 今回は上記の左京大夫顕輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守の解説|百人一首|源兼昌の78番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、源兼昌の下記の和歌。 「淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守」 今回は上記の源兼昌の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
古典

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふの解説|百人一首|崇徳院の77番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、崇徳院の下記の和歌。 「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」 今回は上記の崇徳院の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...