古典

古典

ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思への解説|百人一首|待賢門院堀河の80番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、待賢門院堀河の下記の和歌。 「ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ」 今回は上記の待賢門院堀河の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさの解説|百人一首|左京大夫顕輔の79番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、左京大夫顕輔の下記の和歌。 「秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ」 今回は上記の左京大夫顕輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守の解説|百人一首|源兼昌の78番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、源兼昌の下記の和歌。 「淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守」 今回は上記の源兼昌の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人一首...
Sponsored
古典

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふの解説|百人一首|崇徳院の77番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、崇徳院の下記の和歌。 「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」 今回は上記の崇徳院の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百...
古典

わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波の解説|百人一首|藤原基俊の76番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、藤原基俊の下記の和歌。 「わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波」 今回は上記の藤原基俊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめりの解説|百人一首|藤原基俊の75番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、藤原基俊の下記の和歌。 「契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり」 今回は上記の藤原基俊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものをの解説|百人一首|源俊頼朝臣の74番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、源俊頼朝臣の下記の和歌。 「憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものを」 今回は上記の源俊頼朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむの解説|百人一首|祐子内親王家紀伊の73番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、前権中納言匡房の下記の和歌。 「高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ」 今回は上記の前権中納言匡房の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれの解説|百人一首|祐子内親王家紀伊の72番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、祐子内親王家紀伊の下記の和歌。 「音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ」 今回は上記の祐子内親王家紀伊の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思いま...
古典

夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹くの解説|百人一首|大納言経信の71番歌の読みと意味、単語と現代語訳

小倉百人一首にも収録されている、大納言経信の下記の和歌。 「夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く」 今回は上記の大納言経信の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...