伊勢物語|芥川、東下り、筒井筒、さらぬ別れの現代語訳・解説

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代初期の歌物語で、作者は不詳となっています。
それぞれが半独立した百二十五段という短い歌物語で、源氏物語などと比べて読みやすい事から庶民にも広く親しまれてきました。
主人公は在原業平ではないかという説が有力ですが、詳しい事はわかっていません。

今回は高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の有名な説話「芥川」「東下り」「筒井筒」「さらぬ別れ」について詳しく解説していきます。

[関連記事]
宇治拾遺物語|児のそら寝と絵仏師良秀の現代語訳・意味解説
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

伊勢物語「芥川」の解説

伊勢物語(いせものがたり)でも有名な、芥川(あくたがわ)について解説していきます。

【伊勢物語「芥川」の概要】
ある男が、長年思い続けていた女性を盗み、芥川のほとりまで逃げた。
雷雨がひどくなったので、男は女を蔵に押し込めて夜明けを待つが、鬼に食べられてしまう。
女がいないのに気づくと、男は地団駄を踏んで泣き悲しんだ。

関連:伊勢物語「芥川」朗読動画

芥川の原文


昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。
芥川といふ河を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、

「かれは何ぞ。」

となむ男に問ひける。

行く先多く、夜も更けにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓、やなぐひを負ひて戸口にをり、はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に喰ひてけり。

「あなや。」

と言ひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。

やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。
足ずりをして泣けどもかひなし。

[白玉か何ぞと人の問ひし時 露と答へて消えなましものを]


これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給へりけるを、かたちのいとめでたくおはしければ、盗みて負ひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、まだ下臈にて内裏へ参り給ふに、いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめてとり返し給うてけり。

それをかく鬼とは言ふなりけり。
まだいと若うて、后のただにおはしける時とや。

芥川の現代語訳


昔、(ある)男がいた。(高貴な)女で妻にする事が出来そうになかったその女を、何年もの間求婚し続けていたが、やっとのことで(女を)盗み出して、たいそう暗い夜に(逃げて)来た。
芥川という川(のほとり)を(女を)連れて行ったところ、草の上におりていた露を(見て、女は)、

「(光っている)あれは何。」

と、男に訪ねた。

これから行先(の道のり)も遠く、夜も更けてしまったので、鬼のいる所とも知らないで、雷までたいそう激しく鳴り、雨もひどく降ったので、荒れ果てた蔵に、女を奥に押し入れて、男は、弓、胡簶を背負って戸口に座り、早く夜も明けてほしいと思いながら座っていた所、鬼がたちまち(女を)一口に食べてしまった。

(女は)「あれえ。」

と言ったけれども、雷が鳴る騒ぎに(男は)聞くことが出来なかった。
しだいに夜も明けてゆくので、(男が蔵の中を)見ると、連れてきた女もいない。
じだんだを踏んで無くけれどもどうしようもない。

[(あの光るものは)真珠なの何なの、とあの人が訪ねた時、露ですよと答えて(私もその露のようにそのまま)消えてしまえばよかったのになあ。(そうすればこんな悲しい思いをすることもなかっただろうに。)]


これ(=この話)は、二条の后が、いとこの女御のお側に、お仕えするようにして(身を寄せて)おいでになったが、(后の)容貌がたいそう素晴らしくていらっしゃったので、(男が)盗んで背負って出て行ったのだが、(后の)兄上の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、(その頃は)まだ官位の低い役人として宮中へ参上なさる時に、ひどく泣く人がいるのを聞きつけて、(男を)引きとどめて(后を)取り返しなさったのであった。

それをこのように鬼と言ったのであった。
まだたいそう若くて后が(入内なさる前の)普通の身分でいらっしゃった時のこととか(いうことです)。

芥川の単語・語句解説

①の解説

[女のえ得(う)まじかりけるを]
女で、妻にすることが出来そうにもなかった女を。「え」は打消で、出来ない・不可能という意味を表す。

[よばひわたりけるを]
求婚し続けていたが。「よばふ」はここでは言い寄るの意。「わたる」はずっと〜し続ける。「を」は逆接の接続助詞。

[からうじて]
やっとのことで。「からくして」の変化したもの。

[率て行きければ(いてゆきければ)]
連れて行ったところ。「率る」で引き連れる、連れるの意。

[かれ]
あれ。指示代名詞。

②の解説

[知らで]
知らないで。「で」は打消の接続助詞。

[いみじう(いみじゅう)]
たいそう。ひどく。「いみじ」の連用形「いみじく」のウ音便。

[いたう(いとう)]
ひどく。はげしく。「いたし」の連用形「いたく」のウ音便。

[足ずり]
嘆いたり、怒ったりして、じだんだを踏むこと。

[かひなし]
どうしようもない。無駄だ。

[仕うまつる]
お仕えする。「仕ふ」の謙遜語で「仕へまつる」のウ音便。

[いとめでたく]
たいそう素晴らしく。

[下臈]
ここでは官位の低い者の意味。

[参り給ふ(まいりたもう)]
「参る」は「行く」「来」の謙譲語。「給ふ」は尊敬の補助動詞。作者の堀河の大臣、太郎国経の大納言に対する敬意を表す。

伊勢物語でテストによく出る問題

○問題:二つの「はや」の意味の違いを答えよ。
答え:「はや夜も」=早く。急いで。 「はや一口に」=たちまち。早くも。

○問題:誰が誰を「とり返し」たのか。
答え:二条の后の兄である堀河の大臣と国経が二条の后を取り返した。

伊勢物語「東下り」の解説

伊勢物語(いせものがたり)でも有名な、東下り(あずまくだり)について解説していきます。

【東下りの概要】
昔、ある男が、自分は必要ないと思い込み友人と東国へ旅に出た。
三河の国の八橋でカキツバタが美しく咲いているのを見て、男は妻を思う歌を詠んで皆その歌に涙した。

東下りの原文


昔、男ありけり。その男、身を要なきものに思ひなして、

「京にはあらじ、東の方に住むべき国求めに。」

とて行きけり。
もとより友とする人、一人二人して行きけり。
道知れる人もなくて、惑ひ行きけり。
三河の国、八橋といふ所にいたりぬ。

そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。
その沢のほとりの木の陰に(*)下りゐて、乾飯(かれいひ)食ひけり。
その沢にかきつばたいとおもしろく咲きたり。

それを見て、ある人のいはく、

「かきつばたといふ五文字(いつもじ)を、句の上(かみ)に据ゑて、旅の心を詠め。」

と言ひければ、詠める。

[唐衣きつつなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ]

と詠めりければ、みな人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり。



行き行きて駿河の国に至りぬ。
宇津の山に至りて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、蔦(つた)、楓(かへで)は茂り、もの心細く、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者会ひたり。

「かかる道は、いかでかいまする。」

と言ふを見れば、見し人なりけり。
京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

[駿河なる宇津の山べのうつつにも 夢にも人にあはぬなりけり]

富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

[時知らぬ山は富士の嶺(ね)いつとてか 鹿の子まだらに雪の降るらむ]

その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ね上げたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。



なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる川あり。それをすみだ川といふ。
その川のほとりに群れゐて、

「思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかな。」

とわび合へるに、渡し守、

「はや舟に乗れ。日も暮れぬ。」

と言ふに、乗りて渡らむとするに、みな人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。

さる折しも、白き鳥の嘴(はし)と脚と赤き、鴫(しぎ)の大きさなる、水の上に遊びつつ魚(いを)を食ふ。

京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。
渡し守に問ひければ、

「これなむ都鳥」

と言ふを聞きて、

[名にし負はばいざこと問はむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと]

と詠めければ、舟こぞりて泣きにけり。

東下りの現代語訳


昔、(ある)男がいた。
その男は、我が身を役に立たないものに思い込んで、

「京にはおるまい、東国の方に済むふさわしい国を探しに(行こう)。」

と思って出かけた。
以前から友とする一人二人とともに出かけた。

(一行の中に)道を知っている人もなくて、迷いながら行った。
三河の国、八橋という所に着いた。
そこを八橋といったのは、水の流れる川がクモの足のように八方に分かれているので、橋を八つ渡してあることによって、八橋といった。
その沢のほとりの木の陰に(馬から)下りて座って、乾飯を食べた。

その沢にかきつばたがたいそう趣深く咲いていた。
それを見て、ある人が言うには、

「かきつばたという五文字を(和歌の)各句の頭において、旅の思いを詠め。」

と言ったので、(その男が)読んだ(歌)。

[唐衣を着ているうちにやわらかく見になじんでくる褄のように、(長年)なれ親しんだ妻が(都に)いるので、(その妻を残して)はるばると遠くまでやって来た旅を、しみじみと(悲しく)思うことだよ。]

と詠んだので、一行の人は皆、乾飯の上に涙を落として(乾飯が涙で)ふやけてしまった。



さらにどんどん行って駿河の国に着いた。
宇津の山に着いて、自分が分け入ろうとする道は、(木々が茂り)たいそう暗く(道も)細い上に、蔦・楓は茂り、なんとなく心細く、思いがけない(つらい)めを見ることだと思っていると、修行者が(やってきて一行に)出会った。

「このような道を、どうしていらっしゃるのですか。」

という人を見ると、見知った人であった。
京に、あの(恋しい)人の御もとにと言って、手紙を書いてことづける。

[(私たちがたどり着いた)駿河の国にある宇津の山の、その名の「うつ」のように、うつつ(現実)にも、夢(の中)にもあなたに会わないことだなあ。(恋しい人を思っていると、相手の夢に現れると聞いていますが。)]

富士の山を見ると、五月の末頃に、雪がたいそう白く降り積もっている。

[時節を知らない山は富士の嶺だよ。いったい今をいつだと思って、鹿の子まだらに雪が降り積もっているのだろうか。]

その(富士の)山は、ここ(都)でたとえるならば、比叡山を二十くらい重ね上げたような高さで、形は塩尻のようであった。



さらにどんどん行って、武蔵の国と下総の国との間に、たいそう大きな川がある。
それをすみだ川という。
その川のほとりに(一行が)集まって座って、

「(都のことを)思いやると、限りなく遠くまで来てしまったものだなあ。」

と互いに嘆き合っていると、渡し守が、

「早く舟に乗れ。日も暮れてしまう。」

と言うので、(舟に)乗って渡ろうとするが、一行の人は皆なんとなく心細くて、(というのも)京に(恋しく)思う人がいないわけでもない(のである)。

ちょうどそんな(思いでいる)折、白い鳥でくちばしと脚とが赤い、鴫ほどの大きさである(鳥)が、水の上で遊びながら魚を食べている。
京では見かけない鳥なので、一行の人は誰も見知らない。
渡し守に尋ねたところ、

「これこそが都鳥(だよ)。」

と言うのを聞いて、

[(都という言葉を)名にもっているのならば(都のことをよく知っているだろうから)、さあ、尋ねよう、都鳥よ、私が恋しく思う人は(都で)無事でいるかどうかと。]

と詠んだので、舟に乗っている人は皆泣いてしまった。

東下りの単語・語句解説

①の解説

[思ひなして]
思い込んで。

[求めに]
求めに(行こう)。下に「行かむ」が省略されている。

[もとより]
以前から。前々から。

[一人二人して]
一人二人とともに。「して」は動作を共にする人数・範囲などを表す格助詞。

[おもしろく咲きたり]
趣深く咲いていた。「おもしろし」で趣がある。風情がある。

[いはく]
「いふ」の未然形「いは」に接尾語「く」が付いて名詞化したもの。

[句の上(かみ)に据ゑて]
(和歌の)五七五七七の各句の初めに置いてという意味。

[詠める]
詠んだ(歌)。下に「歌」が省略されている。

[唐衣きつつ]
「なれ」を導き出す序詞。

[なれ]
「馴れ(親しくなる)」と「萎れ(着古してくたくたになる)」の掛詞。

[つま]
「妻」と「褄(着物の裾の両端)」の掛詞。

[き]
「来」と「着」の掛詞。

[ほとびにけり]
(涙で)ふやけてしまった。

②の解説

[いと暗う細きに]
たいそう暗く細い上に。「暗う」は「暗く」のウ音便。「に」は添加の意の格助詞。

[すずろなるめを]
思いがけないめを。

[修行者会ひたり]
修行者が(一行に)出会った。

[いかがでかいまする]
どうしていらっしゃるのですか。

[つごもり]
月の終わり。

[降るらむ]
降り積もっているのだろうか。

[ほどして]
高さで。

③の解説

[来にけるかな]
来てしまったものだなあ。

[わび合へるに]
互いに嘆き合っていると。

[日も暮れぬ]
日も暮れてしまう。「も」は強意の係助詞。

[なきにしもあらず]
ないわけでもない。「しも」は強意の副助詞。

[遊びつつ]
遊びながら。

[名にし負はば]
名にもっているのならば。

*東下りでテストによく出る問題

○問題:「下りゐて」とは具体的にどうしたのか。
答え:馬から下りて座った。

○問題:歌に詠まれた心情を答えよ。
答え:
「唐衣…」の歌=都に残した妻への思いと旅の思い。
「駿河なる…」の歌=都の妻を思い、自分のことを忘れたのかと嘆く思い。
「時知らぬ…」の歌=五月の終わりというのに、雪が白く降り積もっている富士山への驚きと感動。
「名にし負はば…」の歌=都に残した妻への思いと望郷の思い。

「筒井筒」「さらぬ別れ」の解説

Sponsored Link

シェアする

関連

関連