伊勢物語「あづさ弓」原文と現代語訳・解説・問題|平安時代の歌物語|梓弓

あじさいの写真|夏に咲く花々
Sponsored

伊勢物語(いせものがたり)は平安時代に書かれた歌物語で、作者はわかっていません。
主人公についても、在原業平ではないかといわれていますが、未詳となっています。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の中から「あづさ弓/梓弓」について詳しく解説していきます。

Sponsored

伊勢物語「あづさ弓」の解説

伊勢物語でも有名な、「あづさ弓」について解説していきます。

伊勢物語「あづさ弓」の原文

昔、男、片田舎に住みけり。
男、

「宮仕えしに。」

とて、別れ惜しみて行きけるままに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、いとねんごろに言ひける人に、

「今宵あはむ。」

と契りたりけるに、この男来たりけり。

「この戸開けたまへ。」

とたたきけれど、開けで、歌をなむよみて出だしたりける。

[あらたまの年の三年を待ちわびて ただ今宵こそ新枕すれ]

と言ひ出だしたりければ、

[あづさ弓ま弓槻弓年を経て わがせしがごとうるはしみせよ]

と言ひて、いなむとしければ、女、

[あずさ弓引けど引かねど昔より 心は君に寄りにしものを]

と言ひけれど、男帰りにけり。
女、いと悲しくて、しりに立ちて追ひ行けど、え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。
そこなりける岩に、指の血して書きつけける。

[相思はで離れぬる人をとどめかね わが身は今ぞ消え果てぬめる]

と書きて、そこにいたづらになりにけり。

伊勢物語「あづさ弓」の現代語訳

昔、男が片田舎に住んでいた。
男は、

「宮中に仕えに。」

と言って、(女と)別れを惜しんで行ったまま、三年間帰って来なかったので、(女は)待ちわびていたが、(その頃)たいそう熱心に言い寄ってきた人に、

「今夜、会いましょう(結婚しましょう)。」

と約束してしまったところ、(その日)にこの男が帰って来た。

「この戸を開けてください。」

と(帰って来た男が)たたくけれど、(女は、戸を)開けないで、歌をよんで(外にいる男に)差し出したのであった。

[三年もの間、(あなたの帰りを)待ちわびて(おりましたが)、ちょうど今夜、(別の男の人と)初めて枕を交わす(ことになった)のですよ。]

とよんで差し出したので、

[幾年月にもわたって、私が(あなたを)愛してきたのと同じように、(新しい夫を)愛して暮らしなさい。]

と言って、去って行こうとしたので、女は(あわてて歌を差し出した)、

[(あなたが、私の心を)引こうが引くまいが、昔から私の心はあなたを慕い、頼りとしてきましたのに。]

とよんだけれども、男は帰ってしまった。
女はたいそう悲しくて、後を追いかけて行ったけれども、追いつくことができずに、清水のある所に倒れ伏してしまった。
そこにあった岩に、指の血で(歌を)書きつけた。

[(私がこんなに愛しているほどには)私の愛にこたえずに離れ去ってしまった人を引き止めることが出来ずに、私の身は今、消え果ててしまうようだ。]

と書いて、そこで死んでしまった。

伊勢物語「あづさ弓」の単語・語句解説

[ねんごろに言ひける]
心をこめて言い寄った。(=プロポーズしたという事)

[新枕すれ]
男女が初めて共寝すること。

[わがせしがごと]
私が(あなたに)したように。

[え追ひつかで]
追いつくことができないで。

[消え果てぬめる]
すっかり消えてしまうようだ。

*伊勢物語「あづさ弓」でテストによく出る問題

○問題:それぞれの「に」の違いを答えよ。
1.宮仕えしに。
2.待ちわびたりけるに、
3.寄りにしものを
4.いたづらになりにけり。
答え:1.格助詞
2.接続助詞
3.完了の助動詞「ぬ」の連用形
4.形容動詞「いたづらなり」の活用語尾(連用形)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は伊勢物語でも有名な、「あづさ弓/梓弓」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました