伊勢物語「つひにゆく道」原文と現代語訳・解説・問題と品詞分解|高校古典

ユリの写真|夏に咲く花
Sponsored

伊勢物語(いせものがたり)は作者不明の歌物語で、平安時代に成立しました。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる伊勢物語の中から「つひにゆく道」について詳しく解説していきます。

Sponsored

伊勢物語「つひにゆく道」の解説

伊勢物語でも有名な、「つひにゆく道」について解説していきます。

伊勢物語「つひにゆく道」の原文

昔、男、わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、つひにゆく道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを(*)

伊勢物語「つひにゆく道」の現代語訳

昔、男が、病気になって、今にも死にそうな気持ちになったので、(人間だれしも)人生の最後に行く道であるとは、以前から聞いていたものの、それが昨日今日のこととは思わなかったなぁ。

伊勢物語「つひにゆく道」の単語・語句解説

[わづらひて]
病気になって。

[つひにゆく道]
人生の最後に行く道。

[かねて]
以前から。

*伊勢物語「つひにゆく道」でテストによく出る問題

○問題:「を(*)」の意味は何か。
答え:問投助詞で、詠嘆の意味。

伊勢物語「つひにゆく道」の品詞分解

伊勢物語「つひにゆく道」の品詞分解をご紹介します。

昔、男、
わづらひ 四・用
て、 接助
心地
死ぬ ナ変・終
べく 助動・推・用
おぼえ 下二・用
けれ 助動・過・已
ば、 接助
つひ
格助
ゆく 四・体
格助
係助
かねて
聞き 四・用
しか 助動・過・已
接助
昨日今日
格助
係助
思は 四・末
ざり 助動・打・用
助動・過・体
間助
【品詞分解の略符号】

1.品詞名
(名詞・形容詞・形容動詞は品詞名省略)
連=連体詞
副=副詞
接=接続詞
感=感動詞
助動=助動詞
補動・補=補助動詞

2.活用の種類
四=四段
上一=上一段
上二=上二段
下一=下一段
下二=下二段
カ変・サ変・ナ変・ラ変=変格
ク・シク=形容詞
ナリ・タリ=形容動詞

3.活用形
未=未然形
用=連用形
終=終止形
体=連体形
已=已然形
命=命令形

4.助動詞の意味
使=使役
尊=尊敬
受=受身
可=可能
自=自発
打=打消
過=過去
詠=詠嘆
完=完了
強=強意
存=存続
推=推量
定=推定
意=意志
勧=勧誘
命=命令
仮=仮定
婉=婉曲
当=当然
適=適当
伝=伝聞
禁=禁止
不=不可能
願=願望
比=比況
例=例示
断=断定
存在=存在
過推=過去推量
現推=現在推量
過原=過去の原因推量
現原=現在の原因推量
反仮=反実仮想
打推=打消推量
打意=打消意志
打当=打消当然

5.助詞の分類
格助=格助詞
副助=副助詞
係助=係助詞
終助=終助詞
接助=接続助詞
問助=問投助詞

6.その他
尊=尊敬
謙=謙譲
丁=丁寧
(代)=代名詞
(枕)=枕詞
(音)=音便
(係)〜(結)=係り結び

など

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は伊勢物語でも有名な、「つひにゆく道」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました