大鏡「道長と隆家」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

ノースポールの写真|冬に咲く花
Sponsored

大鏡は平安時代後期に書かれた作者不明の歴史物語で、読み方は”おおかがみ”です。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「道長と隆家」について詳しく解説していきます。
(”隆家と道長”という題名の教科書も有り)

Sponsored

大鏡「道長と隆家」の解説

大鏡でも有名な、「道長と隆家」について解説していきます。

大鏡「道長と隆家」の原文

入道殿の土御門殿にて御遊びあるに、

「かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ。」

とのたまはせて、わざと御消息聞えさせ給ふほど、杯あまたたびになりて、人々乱れ給ひて、紐おしやりて候はるるに、この中納言参り給へれば、うるはしくなりて、居直りなどせられければ、殿、

「とく御紐解かせ給へ。こと破れ侍りぬべし。」

と仰せられければ、かしこまりて逗留し給ふを、公信卿、後ろより、

「解き奉らむ。」

とて寄り給ふに、中納言御けしきあしくなりて、

「隆家は不運なることこそあれ、そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。」

と、荒らかにのたまふに、人々御けしき変り給へるなかにも、今の民部卿殿は、うはぐみて、人々の御顔をとかく見給ひつつ、

「こと出来なむず、いみじきわざかな。」

と思したり。
入道殿、うち笑はせ給ひて、

「今日は、かやうのたはぶれごと(*)侍らでありなむ。道長解き奉らむ。」

とて、寄らせ給ひて、はらはらと解き奉らせ給ふに、

「これらこそあるべきことよ。」

とて、御けしき直り給ひて、さし置かれつる杯取り給ひてあまたたび召し、常よりも乱れあそばせ給ひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。
殿もいみじうぞもてはやし聞こえさせ給ひける。

大鏡「道長と隆家」の現代語訳

入道殿(藤原道長)の土御門殿で宴が催されたときに、

「このようなこと(宴の催し)に、権中納言(藤原隆家)がいないのは、やはりもの足りないことだ。」

とおっしゃって、わざわざご案内申し上げなさる間、何杯も杯を重ねて、人々はお酔いになって、お召し物の紐を解いてくつろいでいらっしゃるときに、この中納言(隆家)が参上なさいましたので、(人々は、)居ずまいを正して、座りなおされたりなさいましたので、入道殿(道長)が、

「早く紐をお解きなさい。興がさめてしまいましょう。」

とおっしゃったので、(隆家は、)恐縮してためらっていらっしゃるのを、公信卿が、後ろから、

「お解きしましょう。」

といってお寄りなさいますと、中納言(隆家)はご機嫌が悪くなって、

「隆家は不運な境遇にあるとはいえ、そなたらにこんなふうに扱われるべき身ではない。」

と、荒々しくおっしゃったので、人々はお顔の色が変わりなさいましたが、その中でも、今の民部卿殿(源俊賢)は、興奮して、人々のお顔をあれこれと見まわしなさりながら、

「きっととんでもないことになったものよ。」

とお思いになっている。
入道殿(道長)は、お笑いになられて、

「硬派、このような冗談話にいたしましょうよ。この道長がお解きしましょう。」

といって、(隆家の)おそばにお寄りになって、はらはらとお解き申し上げなさいますと、(隆家は、)

「この扱いこそふさわしいことですなぁ。」

と言って、ご機嫌がお直りになって、前に置かれてあった杯をお取りになって、何杯も召し上がり、ふだんよりも酔ってはめをはずされたありさまなど、実に好ましくていらっしゃいました。
入道殿(道長)もたいへんひきたてて饗応し申し上げなさったことでした。

大鏡「道長と隆家」の単語・語句解説

[なひさうざうしけれ]
やはりもの足りないことだ。

[御消息聞こえ給ふほど]
ご案内申し上げなさる間。

[紐おしやりて]
お召し物を解いて。

[居直りなどせられければ]
座りなおされたりなさいましたので。

[そこたちいかやうにせらるべき身にもあらず]
そなたらにこんなふうに扱われるべき身ではない。

[こと出で来なむず]
きっと一大事が起こるだろう。

[解き奉らせ給ふに]
お解き申し上げなさいますと。

*大鏡「道長と隆家」でテストによく出る問題

○問題:「かやうのたはぶれごと(*)」
答え:「隆家は不運なることこそあれ、そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。」という隆家の言葉。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は大鏡でも有名な、「道長と隆家」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました