大鏡「最後の除目/兼通と兼家の不和」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

クレマチス|冬に咲く花
Sponsored

平安時代後期に書かれた歴史物語、大鏡(おおかがみ)。
藤原氏の繁栄、そして政権の争奪等が描かれています。

今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「最後の除目(さいごのしもく)」について詳しく解説していきます。
(「兼通と兼家の不和」とする教科書も有り)

Sponsored

大鏡「最後の除目」の解説

大鏡でも有名な、「最後の除目」について解説していきます。

大鏡「最後の除目」の原文

この殿たちの兄弟の御中、年ごろの官位の劣り優りのほどに、御仲悪しくて過ぎさせ給ひしあひだに、堀河殿御病重くならせ給ひて、今は限りにておはしまししほどに、東の方に、先追ふ音のすれば、御前に候ふ人たち、

「誰ぞ。」

など言ふほどに、

「東三条殿の大将殿参らせ給ふ。」

と人の申しければ、殿聞かせ給ひて、

「年ごろ仲らひよからずして過ぎつるに、今は限りになりたると聞きて、とぶらひにおはするにこそは。」

とて、御前なる苦しきもの取りやり、大殿籠りたる所ひきつくろひなどして、入れ奉らむとて、待ち給ふに、

「早く過ぎて、内裏へ参らせ給ひぬ。」

と人の申すに、いとあさましく心憂くて、

「御前に候ふ人々も、をこがましく思ふらむ。おはしたらば、関白など譲ることなど申さむとこそ思ひつるに。かかればこそ、年ごろ仲らひよからで過ぎつれ。あさましく安からぬことなり。」

とて、限りのさまにて臥し給へる人の、

「かき起こせ。」

とのたまへば、人々、あやしと思ふほどに、

「車に装束せよ。御前もよほせ。」

と仰せらるれば、物のつかせ給へるか、うつし心もなくて仰せらるるかと、あやしく見奉るほどに、御冠召し寄せて、装束などせさせ給ひて、内裏へ参らせ給ひて、陣の内は君達にかかりて、滝口の陣の方より、御前へ参らせ給ひて、昆明池の障子のもとにさし出でさせ給へるに、昼の御座に、東三条の大将、御前に候ひ給ふほどなりけり。

この大将殿は、堀河殿すでに失せさせ給ひぬと聞かせ給ひて、内に関白のこと申さむと思ひ給ひて、この殿の門を通りて、参りて申し奉(*)るほどに、堀河殿の目をつづらかにさし出で給へるに、帝も大将も、いとあさましく思し召す。
大将はうち見るままに、立ちて鬼の間の方におはしぬ。
関白殿、御前につい居給ひて、御気色いと悪しくて、

「最後の除目行ひに参りて侍りつるなり。」

とて、蔵人頭召して、関白には頼忠の大臣、東三条殿の大将を取りて、小一条の済時の中納言を大将になし聞こゆる宣旨下して、東三条殿をば治部卿になし聞こえて、出でさせ給ひて、ほどなく失せ給ひしぞかし。

心意地にておはせし殿にて、さばかり限りにおはせしに、ねたさに内裏に参りて申させ給ひしほど、異人すべうもなかりしことぞかし。

大鏡「最後の除目」の現代語訳

この殿たち(=兼通と兼家)のご兄弟の間柄は、長年の官位の優劣を争っている間に、お仲が悪くてお過ぎになさっていましたが、堀河殿のご病気が重くなられて、もうこれが最期という状態でいらっしゃった時に、東の方で、先払いする声がするので、(堀河殿の)おそば近くにお仕えする人たちは、

「誰だろうか。」

などと言ううちに、

「東三条殿の大将殿(=兼家)がおいでになります。」

とある人が申しましたので、殿(=堀河殿)がお聞きになられて、

「数年来仲がよくない状態で過ごしてきたが、もうこれが最期になったと聞いて、見舞いにおいでになるのだろう。」

と言って、おそばにある見苦しい物を取りのけ、おやすみになっている所を整えなどして、お入れ申しあげようと、待っていらっしゃると、

「とっくに通り過ぎて、内裏へ参上なさいました。」

とある人が申しますので、たいそう驚きあきれて不愉快で、

「おそばに仕える人たちも、みっともないと思っているだろう。いらっしゃったなら、関白など譲ることなど申しあげようと思っていたのに。このようであるからこそ、長年仲がよくなくて過ぎてきたのだ。驚きあきれて心穏やかでないことだ。」

と言って、臨終が近い様子で体を横たえていらっしゃる人が、

「抱き起こせ。」

とおっしゃるので、人々が、変だと思っているうちに、

「車に(乗るための)仕度をせよ。先払いの者たちを招集せよ。」

とお命じになるので、(人々は)物の怪がおとりつきになっているのか、正気もなくおっしゃるのかと、不審に(思って)見申しあげていますと、(堀河殿は)御冠をお取り寄せになって、装束などをお着けになられて、内裏へ参内なさって、近衛の陣の内側は息子たちに寄りかかって、滝口の陣の方から、(帝の)御前へ参上なさって、昆明池の障子の辺りにお出になられたところ、昼の御座で、東三条の大将(=兼家)が、帝の御前に伺候していらっしゃるところでしたよ。

この大将殿(=東三条殿)は、堀河殿がすでにお亡くなりになったとお聞きになって、円融天皇に関白のことを申しあげようとお思いになって、この殿(=堀河殿)の門(の前)を通って、参内して(帝に)申しあげているところに、堀河殿が(怒りの)目をかっと見開いて現れなさったので、帝も大将も、たいそう意外にお思いなさる。
大将は(堀河殿を)ちらっと見るやいなや、立って鬼の間の方へいらっしゃった。
関白殿(=兼通)は、帝の御前にかしこまってお座りになって、ご機嫌がたいそう悪く、

「最後の除目を行いに参内いたしました。」

と言って、蔵人頭をお呼び寄せになり、関白には頼忠の大臣(=藤原頼忠)を(お任じになり)、東三条殿の大将を取り上げて、小一条の済時(=藤原済時)の中納言を大将にお任じ申しあげる宣旨を下して、東三条殿を治部卿にお任じ申しあげて、ご退出なさって、間もなくお亡くなりになったのですよ。

意地っ張りでいらっしゃった殿で、あれほど最期のご様子でいらっしゃったのに、憎しみのために参内し(この除目を)申しあげなさったことは、他の人には(まねも)できないことでしたよ。

大鏡「最後の除目」の単語・語句解説

[今は限り]
もうこれが最期。

[おはしまししほどに]
いらっしゃった時に。

[御前に候ふ人たち]
おそば近くにお仕えする人たち。

[仲らひよからずして]
間柄がよくない状態で。

[苦しきもの取りやり]
見苦しい物を取りのけ。

[ひきつくろひなどして]
整えなどして。

[入れ奉たむとて]
お入れ申しあげようと。

[いとあさましく心憂くて]
たいそう驚きあきれて不愉快で。

[をこがましく思ふらむ]
みっともないと思っているだろう。

[かかればこそ]
このようであるからこそ。

[安からぬことなり]
心穏やかでないことだ。

[限りのさまにて]
臨終が近い様子で。

[あやし]
ここでは”変だ”や”妙だ”という意味。

[失せさせ給ひぬ]
お亡くなりになった。

[あさまりく思し召す]
意外にお思いになさる。

[うち見るままに]
ちらっと見るやいなや。

[つい居給ひて]
かしこまってお座りになって。

[除目]
大臣以外の官職を任命する朝廷儀式のこと。

[なし聞こゆる]
お任じ申しあげる。

[さばかり]
あれほど。

*大鏡「最後の除目」でテストによく出る問題

○問題:何を「申し奉(*)」ったのか答えよ。
答え:関白である堀河殿は亡くなったので、次は自分を関白に任じて欲しいという事。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は大鏡でも有名な、「最後の除目」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました